知らんけど。信オンブログ

信長の野望Online(通称:信オン)のプレイ雑記。 数年間はなれていて復帰。まだ迷子なので整理もかねて。

プレイヤーイベント告知

安土でオークション2月13日

技能追加の一件でモチベが下がってから入る回数がめっきり少なくなりました。

本を読んだり別ゲ(MMORPGではありませんが)やったりそれなりに謳歌しております。


先日伊達市だということで入ってイベントを眺めていたら、知人に見つかり捕獲されました。


鬼合戦も1時間ほど軽く参加しました、ルールが全くわからず、マップも敵のいる場所がわからず終了。
イベントはルールの把握が難しいのがこのゲームの玉に瑕なところですね。
そういえば去年の鬼合戦も復帰したてで良くわからないまま宝を運んでた記憶があります。

どうやら近々2ndシーズン第三陣という割と大型なアップデートがあるようなのでどういう変化が起きるのか暖かい目で見守って行きたいと思います。



さて表題のオークションです。
個人的にオークションは冗長になりやすいイベントなので運営がよほど上手くないと間延びしてしまうとてもとても難しいイベントでありますが、果たして今回はどうでしょうか。

まあ、きっとぬればさんなら上手くやるはず。

入札のやり方も何パターンかあるけども、延長系を取ると間延びしますし、かといって制限時間系はカウントダウンログが流れて見辛いしで大変なんだよねあれ。

出品者として考えると高く売れてほしいから延長系で少しでも競ってほしいし、参加者からすると延長なしのほうが安く買えるというメリットも。

当日は入れたら見に行くつもりです。
どういうシステムをどう運用するかが個人的に一番見所。


ということで随分と久しぶりになりましたが告知記事を書きました。

<月日> 2016年2月13日 土曜日 21:00~
<場所> 安土・陣(帰参者推奨)
<メインイベント> オークション&市
<サブイベント> ミニおしゃれコンテスト

詳細は
黒白混淆(メイソウアマソウX)~安土は燃えているか~オークション@安土・陣でやります
にて。



そうそう、昔ね
イベント運営者が寄付や出品を運営費なんていって懐に入れてたなんて事がありました。
相当な批判も出ましたし、後年になっても○○の変とか言われて語り継がれたりしております。

ですが安心してください。
上の詳細見てもらえれば判ると思いますがぬればさんはそんなことする人じゃないですし、すべて
明朗会計
でやっておられます。

是非余裕のある方は出品もしくは賞品景品として使えるものの寄付などで協力して差し上げてください。
イベント運営の大変さに報いる一番のものは当日の盛り上がりです。

盛り上がる一番の方法はげんきんな話ですが、ビッグな景品があることです。
景品に寄付をしてぬればさんが儲かるわけじゃありませんが、イベントが盛り上がればそれが一番の報酬になると思います。



追記
誰かこっちにも寄付してあげてw



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



ヒーローは身近にいる。

プレイヤーイベントは参加したことがあるだろうか?

『知らんけど。』としては
まったく知らない人がやっているイベントでも、
プレイヤーイベントは大事にしていきたい
と思っている。

公式イベントやキャンペーンは運営が行うもので、それは一つの商業行為であり、提供されるサービスの範囲内だから横柄な言い方になるが『ある種あって当たり前』なものだと思っている。
※そのために課金してるわけだしね。


それに対してプレイヤーイベントというのは真逆の性質を持つ。
特に得することはないのだ。
運営者が儲かるためにやるということはほぼ、無い。

労力や準備に掛かる時間が浪費されるだけで、以前伊賀市のポストをしたときにも書いたが、運営者に利益はない。
むしろ進行などに文句を言われたり、悪意を向けられたり損の方が多いだろう。


それでもプレイヤーイベントをやる人が居るのはなぜか。


それぞれさまざまな理由があると思うが。


主たるものは『愛』だなと思う。


何に対してというのはさまざまだろう。
勢力が盛り上がればとかいう勢力愛や
知人と一緒に何かをやりたいという、知人愛だったり、
俺とあの人の初めての共同作業というウホッな愛もあったりするかもしれない。


だけどトータルすると

信長の野望オンラインが好きだからっていう
『信オン愛』で包括できるんじゃないかと思っている。



先日ハロウィンイベントを企画してくださった
虹月桃華さんと知人さん方々


黒白混淆(メイソウアマソウX)のぬればさんも以前稲葉山市を企画されたりしていらっしゃった。


いろんな人がいろんな想いで大変な労力をついやして企画してくれるそのイベント
そういったものは、微力ながら応援させていただきたいと本心思っている。


だがハロウィン、足利市以降話を聞かなくなってしまった。


そこで昨日ツイッター上で呼びかけた。





これに対してこうきてくれた。






素晴らしいことではないか。

俺が見るにこの人は今現役プレイヤーの中で一番信オンを楽しんでいる方であるように見える。
組んで何かをしたことは一度もない。
そう、一度もないのだ。

そんな

信オン界一信オン愛に溢れる男

が立ち上がった。






素晴らしい流れだ。

そしてこの方の素晴らしいところはこういうハメられた様な流れでも前向きなのだ。



なんと器の大きな男なのだろう。


いや、漢だ!


そんな彼の周りには熱い人が多い、すでにスポンサーの名乗りも上がっているとか居ないとか。

前代未聞のイベントになるに違いない。
俺は、そんな熱い彼のイベントを全力で応援し、告知や苦労をレポートしていきたいと思っている。

まずは、この企画段階から彼のサポートをしてもいいよ、手伝いをしても良いよという方や
商品賞金を提供してくださる方の募集からお手伝いしたいと思っている。


われこそはと思う有志よ義経の元へ集え!

今高らかに宣言しよう、これは現時点で最大規模のイベントになると!





運営協力スタッフ様ならびにスポンサーの方については当ブログでキャスティングを紹介したりしなかったりします。
何か宣伝したいことがある人が居たらお手伝いしますので皆様ご厚志をなにとぞ宜しくお願いいたします。



取り急ぎ何らかの形で手伝ってもいいという方いらっしゃいましたら当コメント欄へコメントいただくか、義経さんのツイッターアカウント

@yamatonoyoshits


迄。



なんたって彼発起人でもないのに中心にすえられて大変だからね。




まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



ハロウィンイベント参加に参加してみた

2015年11月1日22時
なぜかハロウィンが終わった次の日にこのイベントは行われた。


撮影会としてしか認識していなかったのだが、どうやらコンテストも行われる様子。
私設で行くといっていた人がいたので俺も会場を覗きに行った。


流れとしては
ハロウィン仮装撮影会
からの
おしゃれコンテスト

という形で行われた。


まず撮影会の模様。
さまざまなグループが参加して披露していた。
個人的にもSSをとったのだが、イベント運営さんが撮ったものがツイートされていたので引用させていただく。

3色華やかで良い。



お笑い担当。




巫女の衣装が懐かしい。初期はこんな巫女さんばっかりだった。




撮影会の組み合わせの中で個人的に一番センスいいと思ったのがましろんさんのペア。
今回のハロウィン衣装に頼ることなく面白さも含めたコーディネートだった。
ひよこさんも似たラインで好み。
※追記 ひよこさんペア ましろんさんペアでは無く、両方ひよこさんとましろんさんのペアでした
良く確認もせず大変失礼しました。


信号かよと思いリアルで笑った。
結構お気に入り。
比較のためSSで撮ったものをこれだけはります。
これはPCのHD版の画像などの設定を最低にしたものの切抜きです。
最低画質でもこのくらいクリアに見えるのはHD版の特権かも知れませんね。

hal01






こまちさんの5キャラは結構考えたなあと思った。
はじめ何も装備しないで五人出てきて海賊銃使ったときはネタか?と思ったが
そこから五人がそれぞれのカラーリングに装備をつけていく演出は心憎かった。
SSでは魅力が伝わらないのが残念。



そしておしゃれコンテスト
知人も出ていたので最後まで見ていたが、やはりおしゃれ呉服店さんは一味違った。

ベスト4までを会場で決め、ツイッターで決戦投票という形のようだ。

今現在決選投票がツイート上で行われており、残り数時間だがツイッターアカウントを持っている人は是非参加してみてはどうだろう。







ツイッターで最近追加されたばかりの投票機能を使うあたり運営さんのITリテラシーが高くて面白い。 ただこれだと一人二回投票できちゃうけどw 次は告知から手伝えればなあと思う。続きを読む

伊賀市を始めた漢

伊賀市の話を聞いてちょっと感動したので
某プロジェクト風に書いてみた。

是非音声にあわせてトモロヲ風に読んでほしい。




「プロジェクトIGA 挑戦者たち サーバー統合で同胞になれるのか 伊賀市はじめの物語」
2014年11月19日。信長の野望Onlineで二回目となるサーバー統合が実施された。

事前告知されてはいたが、四つのサーバーが一つになるという大暴挙に、プレイヤーはゆれた。

ログインしていつもの両替に見慣れないキャラクターが大量に要る違和感は、プレイヤーたちを苦しめた。

話したことはなくとも見たことがあるキャラクターであふれていたはずの各国の両替は混乱した。

誰もが警戒心を持って身動きが取れない中、誰もが解決策を模索していた。


その時、一人の男が立ち上がった。

伊賀忍軍 忍茶一門筆頭 残月小次郎。

真紅サーバーからきた熱い男だった。

誰もが警戒しているこの状況を打破したい、そんな思いを抱き続けていた残月は、

誰もが動けなくなっている状況で、イベントを企画することを決意する。


イベントを企画することでこの手詰まり感あふれる状況を打破すべく。

たった一人で伊賀市の企画運営を始めたのだった。


残月はほぼ一人で日取りを決め、告知をし、流れを組み、見事伊賀市を完遂した。

彼のその熱意にほだされ、伊賀では統合後まもなく、停滞は打破された。

さらに残月の回りには、その熱意にあてられた人間が集まった。

彼らはなんの利益も得ようとはしなかった。

彼らはむしろ時間を費やし、準備し、貫やアイテムを賞金、賞品として用意した。

まったくの赤字だった、それでも回を重ねるごとに協賛者がふえ、協力者もふえた。



2015年9月5日何度目かの伊賀市が開かれた。

彼らの国や勢力の垣根を持たない取り組みは、すべての国からの参加者とたくさんの協力を得て。

300人をも超える人々が集う、イベントとなり、公式の担当者もくるほどの規模となった。

現状プレイヤーイベントとしては最大規模となっている。


「プロジェクトIGA 挑戦者たち サーバー統合で同胞になれるのか 伊賀市はじめの物語」
ここまで




そんな伊賀市の創始者兼責任者を務め続ける残月さんにコメントをもらった。
『伊賀では来期ともに過ごせる方を待ってます。
伊賀市を一緒にやりたい、伊達と似てるから間違って伊賀に来ちゃった等理由は何でもかまいません。
忍茶一門でも新規に参加してくれる方を受け入れてます。
太平の世が終わって勢力を移ろうと思っている方いらっしゃいましたら是非気軽に参加してみてください。』

熱い漢だった。


※管理人は残月小次郎さんとは別人です。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ


伊賀市2015年09月05日回顧録

2015年9月5日伊賀市が開催されました。
運営に携わる方々は本当に大変だと思います。
知り合いは何日も前からかかりきりで準備に追われ、狩りなどは一切行ってませんでした。

それでもある程度の期間でこういったイベントを開催するのはやはり勢力としての伸張を願うこともそうでしょうし、信オンを盛り上げようという気持ちなんだと思います。
某勢力の市に参加したときは同じ家紋じゃないと売れないとかそういうのも結構あったんですが、今回はそういった勢力縛りはなく全部の家紋が伊賀郷内にそろっていました。

MAX人数はわかりませんが伊賀郷の全検索は300をこえ重いとの声もちらほら。
お祭りですからね、ほんの数時間です。
よく考えると今日常で一番人が集まる比叡の大名物クエよりも人が集まっていたわけで、すごいことだと思います。

僕も売り子やったり、買い物したりと最初から最後まで満喫させてもらいました。
特に売り子さんは祭り、イベントを意識してやすーく販売をしていらっしゃる方も結構多くて、お得な買い物のチャンスです!

今回はイベントのゲームのほうでも大盤振る舞いで何百万貫もの貫が賞金として、有志作成による目玉アイテムが賞品として出されていました。

こういった有志の方々には頭が下がる思いです。


さて、更新がとまっていたこのブログをなぜ更新したかというと。
そういった尽力されたスタッフさんたちに何かお役に立てないかなと思い。
SSを公開したり、次回への宣伝もかねてお手伝いさせてもらおうと思いまして。

公式アカウントの中の人もこっそりきていたようで



忙しそうに飛び回りながら写真(SS)を撮っていらっしゃった写真部の方からお預かりしたものを公開したいと思います。

尚、隠すわけではありませんが中心に写っているキャラは俺ではありません(笑)

長くなりそうなので一番お気に入りのSSを一枚だけ表に。
これは最後に記念撮影をしたあたりの撮影をしていらっしゃったときのSSですね。



Nol150905108




何かをやりきった男の背中って感じがして、俺はこれが好きですね。
※もちろんこの方以外の運営スタッフさんも大勢いらっしゃいます。

あとは続きを読むからご覧ください。





続きを読む
リンク・引用などについて
リンクも閲覧も引用も紹介もご自由にどうぞ。
お知らせも無くてかまいません。
それでも知らせてくれるという方は、どの記事にでもいいので書いてくれたら見には行きます。

ブログ村PVランキング
ギャラリー
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
最新コメント
当ブログの趣旨と免責

当ブログの記載事項があっているとは限りません。
何らかの情報が乗せてあったとしても間違っている、仕様の変更後等が考えられます。

寄り合い所のような正確な情報の記載を目的としたブログではありませんので、誤った表記に対しての対応はするもしないも管理者の判断とします。

当ブログの記載事項は上記のように正確性の点でなんら保証できず、責任を負いかねるのでその情報をもとに何かをされる際はご自身の責任と判断のもとに行って下さい。

コメントの編集は管理者の一存によって行います。
現在コメントは承認制となっております。
よほど酷い暴言誹謗中傷など以外は基本的に承認します。
非公開希望の方はその旨記載して頂ければ公開いたしません。

特定の人物、一門、団体を誹謗中傷するような目的はございません。


私の主義を一言で言うと、
過疎過疎って言われてるけど世界(サーバー)は一つになったんだし皆仲良くやりましょうということです。

本事項は管理者の独断によって変更することがございます。
twitter#nobuon
著作権に関する表記

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
信長の野望Online・攻略ブログ
  • ライブドアブログ