知らんけど。信オンブログ

信長の野望Online(通称:信オン)のプレイ雑記。 数年間はなれていて復帰。まだ迷子なので整理もかねて。

このブログについて

少しブログの更新を休止します

記事を書くのが久しぶりになってしまいました。

特に宣言をする必要はないのですが、だらだら放置するよりはと思いましてこのポストを作りました。
少しブログをオヤスミしたいと思います。


理由は三つあります。

一つはビジネスの方で新規で大規模サイトを作り始めたのでそっちに手が掛かっていること、そっちの方面で文章を書いてるので趣味的な文章まで書く気になれないということ。

一つはこのブログをやっていた裏の目的を達してしまったのでブログを続けるということに対するモチベーションが落ちたということ。

最後の一つはちょっと気持ち悪いものを見たので。
このタイミングでポストを書いたのはそれがきっかけです。


ゲーム自体は気晴らしでやってるのでそのうち更新することもあるかもしれませんが
とりあえず現状は停止予定です。

コメントはメールで通知が来ますし、twitterは携帯に通知がくるのでゲーム内で絡みがない方で、もし何か連絡がある人はどちらかの手段でお願いします。


僕は性別的には男性なのですが、少し女性の気持ちが理解できました。

もうすぐ今期も終わり、東西も近い状況ですが景品次第ではまたポイント稼ぎのためにトンカチでもやってると思います。
去年もそうでしたが、この時期だけはプロのカチラーになりきってポイント交換品を集めたいと思います。
今年も多分同じ仕様だと思いますのでカチラーのポイント稼ぎのやり方記事を紹介しておきますね。
東西用トンカチ之序・カチラー入門之書
東西戦・トンカチ之応用

何か間違ってることや追記した方がいいことがあれば別途コメント下さい、その対応はいたしますので。

ではでは、一区切りということで、愛読いただいた方も、冷やかしで来てくれていた方も、いろんな理由の方も、ありがとうございました。



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



首突っ込みシンドロームのワケ

なんやかんや騒動があり、その騒動を大きくしてしまいましたが、このポストはそれとは関係ありません。
ゼロではないのですが、普通の意味での関係はありません。


先日のポストで


後日になりますが、議論案件に首突っ込んでた件について、その目的はもう壊れてしまったようなのでこの問題とは別に別途ポストします。
カリスマさん宛ではなく全然関係ない別の記事です。

と書きました。


本ポストは、これの説明をするポストになります。
上記の文を書いたときとは状況が変わってます。
それも含めて順に話したいと思います。



少し昔語りを致します。
古いプレイヤーさんは共に昔を思い出して頂ければなぁと思います。




僕の信オン開始は発売日ではないけど、無印時代なのでもう随分と昔になる。
12年以上前なのは確実かな。


まだ若かったので毎日夢中になってやっていた、明らかに廃人レベル。
そんなこんなやってるうちに飛竜の章という初の拡張版が出て、黄泉~根の国~イザナミ宮にいたる新ダンジョンが追加された

今じゃ下手したらソロでも倒せるようなレベルになってしまった黄泉の魔犬から始まる雷神たちもそれはそれは強くて、大ボスのイザナミの姿なんて見ることも出来ない
当時の雷神といったら、1徒党ずつしか戦えないので、常に順番待ちで数時間も当たり前。
待ってる間に面子が寝落ちしたりといった不幸も散見されたり、即死アルゴを引いて数時間待って1分で旗折れなんてこともあった。


黄泉の魔犬はその外見通り高い攻撃力を備えて最初の難関としてプレイヤーを苦しめた。
析雷、舐めた外見とは裏腹に鍛冶を即死させる固有技があった。術が来るとほっとしたのを覚えている。
黒雷、今までの二つはまだまだ甘かったと思えるほどの攻撃力、あの腐れ犬にどれだけの人が阻まれたか。
伏雷、恐らく信オンでは初の準備なし術を主武器とするボスだったのではないか。回復が追いつかず密教がありがたかった。
火雷、あんまり記憶がない。多分劣化黒雷。
ここでようやくイザナミ宮に到達。
殆どの人がイザナミ宮で竜の涙を取ることが目的だったので大雷やイザナミを見に行こうという人は少なかった
というか、今はスルーできるが大雷と戦うためにまたボスと戦ってアイテムをとる必要があったので不毛すぎて誰もチャレンジしていなかった。



印象的には今の陸奥の新ダンジョンなんてもんじゃない難易度だった。

昔のことなので美化してしまってる可能性は否定できませんが、当時を知る方々いかがでしょう?



このゲームの情報ソースといえば寄り合い所だ。
当時は今とは比較にならないほど、とても多くの人が寄り合い所に情報を集積していた。
それはどのwikiでもいえることだけど人が多いということはwikiにとっては最大の強みになる

ゲームが複雑化していく中で一人の管理人が作り上げることが出来るゲーム攻略には限界があった。
特にオンラインゲームは追加されていくもの、一つの種類の延長線上がとても長いので絶望的。
ゲームwikiという存在が流れの中で出来てきたのは必然だったのかもしれない。

そんな中で、だんだんと有名になっていくサイトがあった

井村屋。というサイトだ。

今はもう閉鎖されているそうで
コピーというか保存用がいくつか残っているけどどれが後継なのかわからないのでそれっぽいものを提示しておく。

http://homepage3.nifty.com/kenbou39/imuraya/index.html


このサイトは当時の記憶だと寄り合い所よりも雷神の情報が早く更新されていたように思う。
誰もが壁に感じていた雷神たちをどんどんなぎ倒し、切り進み、攻略方法を紹介し、話題になった。
かなりの割合の人がこのサイトを見て数少ないチャレンジの機会を、少しでも成功率を上げようとやっきになった。


当然僕も随分参考にさせてもらった覚えがある。
どれだけの人の助けになったか、あの難関の突破のきっかけを作ったサイトなのは間違いない

左上にある
許ス、無断転載
の記述は当時からあったと記憶してる。
webのことを判らない若造だったが攻略方法をあえて広めてアドバンテージをなくす可能性があるのに凄いと思った。
しかもコピーしていいよと。
こういう感覚を持った人は当時ほぼいなかった。




このサイトを運営していたのが、肉曼さんである。
ページ最下部にある肉曼餡子の文字がキャラ名だったと思う。

当時烈風サーバとは別の覇王サーバでプレイしていたにもかかわらず。
一目見たいと烈風にわざわざキャラを作って何回か探しにいったのを覚えている。

そして偶然肉曼さんを見つけ、この目でみて大変満足した記憶もある。
※特に話しかけたわけではない、見ただけ。



彼の記事はユーモラスなものもあり、アカウント停止などの記述も多くみられた。
いろいろ問題のある部分もオープンにしている人だったので
『こうなりたい』というものではなかったが、
『この人は凄いな』という憧れに近い感情を持っていた。


攻略できるという事象一つ取ってみても
攻略のまとめ方をみても
それを惜しげもなく公開することができる度量も
読んでいて飽きさせない文章力も
全てがにじみ出るインテリジェンスの塊だった。



雷神の後に追加されたコンテンツも長い期間にわたって判りやすく一線級のスピードで攻略を作っていらっしゃったことも記憶にある。





僕が復帰してすぐの頃のポストに井村屋の名前の記述がある。

 2015年03月02日12:22
ブログをはじめた理由




このポストを書いたころは、肉曼さんがまだゲームをプレイしていることは知らなかった。


今はこちらのブログを運営していらっしゃる。

栓抜ちゃうわ、閂や!


まあ今飛ぶと、僕の騒動の影響で残念なことになったポストが見えるのだが。




そしてある日まだ彼がゲームをプレイしていて、twitterやブログを公開していることに気づいた。

これが僕の炎上案件に首を突っ込む癖の大本の原因となる。
※こういう書き方をすると肉曼さんが何か言った様に見えるかもしれませんが全くそんなことはありません。



僕の裏目標が勝手に出来上がったときだった。

肉曼さんの目に触れるものを作ってみよう。
今の技術力ならこれは恐らく簡単に出来る。

であるならば、肉曼さんから僕の名前を口にしてもらえるようにしてみようと考えた。


つまり、表には出せない一つの目的というのは
『肉曼さんの口(ブログ・ツイッター)から知らんけどという名前(もしくはそれと判るもの)を言ってもらうこと。』
だった。
それまではどんな形であれこちらからコンタクトを取ることはしない。
言及的な示唆も、フォローもしない。
というルールになった。
※あくまで1割程度の目的でこれが全ての目的だったというわけではありません。





色々と試行錯誤を繰り返した。
彼は普通のポストには基本的に反応しなかった

そんな中彼が触れそうな案件は傾向があることにきづいた。
議論が巻き起こっていたり、延焼を起こしてるところにニアミスするような形でツイートが出る形だった。

もしかしてこのライン以外言及されることってないんじゃないか。

そう思った俺は以後炎上案件をみたら突っ込むようになる。



そして案の定それは当たった。



どう見てもコレ俺の事言ってるだろうというようなツイートがたまーに出てきた。
これを俺は自分の中で肉曼一本釣りと名づけた。
※肉曼さん失礼を申し訳ありません。


だが一本釣り自体の成功率が低かったし、成功しても言及にいたることは無かった。


そして去年の
2015/10/28 05:29(日本時間2015/10/27 13:29)
肉まんさんはtwitterから消えた。


11月は俺も戻ってくることを期待していたが12月はあきらめムードになり、新技能追加に失望した関係もあり、1月はとうとう一回も更新しなかった。



何故か、カリスマさんと同じような更新周期になってしまっているが、これは偶然の産物であると思っている。




そして二月。
2016/2/13 0:13(日本時間2016/2/12 08:13)
彼は帰って来た。


俺のテンションは上がった。

だが、やりすぎた。



肉まんさんがブログ村から脱退をしてしまった。
とてつもない損失だと思った。


そうこうしてるうちに今回の騒ぎで肉まんさんから怒りのツイートがでた。

これでもう言及が出てくることは無くなっただろう。


そう判断した俺はあきらめて目標の公表を決意した。
それがさっきもだしたが、

後日になりますが、議論案件に首突っ込んでた件について、その目的はもう壊れてしまったようなのでこの問題とは別に別途ポストします。
カリスマさん宛ではなく全然関係ない別の記事です。

この文だ。


議論が好きなのは間違いないし自分の性質だと思っている。
これも理由としてはもちろんある。


だが議論系案件に首を突っ込んでいく最大の理由はここだった。
いわば俺が一方的に行っていた、彼とのゲームだった。









敗北のはずだった。








そう、俺は敗北を認めた。







しかし、奇跡は起きた!








九回裏ツーアウト、逆転満塁サヨナラホームランといった感じだった。

こうして、あまり本意な形ではないが俺の目的は果たされた。

※『知らんけど』じゃなく『知らんがな』でもセーフとします。




そして今このポストを書いた。



前回のポストで

肉まんさん=伏竜説を否定したのは本心。

こういった経緯で昔から彼の文章を見ていたし
彼ならあんなつまらない返信は返してこないと信じてる。

確信に近いレベルで違うと思う。




もしこれで大どんでん返しの肉まんさんだったとしたらもう俺は何をしても彼に勝てる要素はない。

可能性としてあるのは
ブレーンの一人として相談を受けているくらいの感じだろう。
これも低いとは思うけど。



もしこの意見が納得できないという人がいるならもう一度伏竜さんのポストを読んできてほしい。
そうすれば納得できるはずだ。



ただ、今日のツイッターでの返しはちょっとまだ引っかかってるけどね。



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


楽しそうに見えるということの大切さ

最近信オンをやっていて、一番楽しかった時間はなんだったかふと振り返ってみた。


話題の男としゃべっていた時間だった。


土日は結構長い時間ゲームをやっている。

それにも関わらずだ。

正味一時間程度だろうか、彼とゲーム内でしゃべったのは。
それが楽しかったこととして一番最初に出てきたイメージだった。





推しメンは誰ですか?といわれたら
義経

といってしまいそうな最近の推しっぷりは何なのか不可解に思っている人が居ることだと思う。

自分でも不思議に思っているくらいだから当たり前だ。


そもそも彼に興味を持ったきっかけはtwitterだった。


アクセスワードランキングを発表したときに義経さんがこう言ってくれた。



これが本心嬉しくて心に残っていた。


そして自分の中で彼のツイートを自然と追うようになった。


以前の記事でも取り上げさせてもらったが、本当に彼と知人さん達は楽しそうにしている。

神崎莉愛さんの昨日のツイートから


こんなに楽しそうにしているのだ!


あんまりにも悔しいので彼のツイートをストーキングした。
彼のツイートを遡ってみた。


そしたら彼の核心的なツイートがあった。
心を打たれた。




彼らがツイッター上で楽しそうな様子を公開しているのは自慢ではなく、こんな楽しいんだぜ信オンはというのを皆で共有して楽しんでいるだけなのだ。
ただその楽しそうな様子が戻ろうか、始めようかという人たちにとても良いアピールになっていると思う。


俺のようにこんなところで文章をこねくり回したところでその楽しさは1/10も伝わらない。



楽しそうに見える。
いいなあ、戻ろうかな、やってみようかなと思うことこそ原点
なんだと痛感した。


それを自然体でやっていて、俺はそれは出来ていないから彼のことが気になるし、取り上げたくなるし、無茶振りをしたり勝手に期待したりしてしまうのだと思う。

こういった情報発信は本当に尊敬できるし、楽しんで続くのなら素晴らしいことだと思う。

唯一不安点があるとしたら、彼らが下ネタでアカバンされないかということくらいだ。





そしてそういうことをしているブログさんは他にもあって
中の人巡回リンクのコーナーにリンクを置いているが、

ましろんさんの彩とりどり☆煌


女性らしい絵文字満載の読んでいて楽しくなるような文章
俺のような無責任さとはかけ離れた好意しかもてない文末の一文
一時期疲れてらっしゃったが、最近また楽しんでらっしゃる様で何よりだ。



これもリンクをおいてある。
最近見つけたブログで密かに楽しんでいるのが
tennekomaruさんの天の花と猫の鼻


帰参者さんのブログ?
信オンと猫のことを書いているようで楽しんでいるのが伝わってくる。
最新エンドコンテンツをやってるとかいうわけではないようだけど、数あるコンテンツを広く遊んでいるようでこれも一つの信オンの楽しみ方だと思う。
テンマルがかわいいのでピックアップした。





暗くずーんとしたゲームのプレイ模様を見て楽しいなと思う人は居ない。

楽しんでいる様子こそが、最高の宣伝であり口コミであり、それが信オンのためにもなるのだと思う。


誰か俺と楽しい時間を過ごしてくれる人はいませんか




まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


信オンを取り巻く環境(ゲーム内要素無し)

このブログのスタンス的な部分にも当てはまる内容ではある。
でも今日は信オン内の話は一切ないので興味ない人は戻るボタンをどうぞ。
あと、結構長いです。


今更だけど信長の野望OnlineはジャンルでいうとMMORPGというジャンルに当たる。
このジャンルは多くの人数が参加するオンラインロールプレイングゲームという意味になるので
ログインすれば多くのプレイヤーたちが世界観を共有してプレイしている。


この形式のほかのゲームを言えば、ドラクエ10やFF14、PSO2あたりが今は有名だろうか。
昔々の話をすれば、このジャンルを開拓したといっても良い二つの草分け的な存在があった。
それがUOとEQだ。
ウルティマオンラインとエバークエスト。
昔を語り始めたら取り留めなくなってしまうので辞めるけど、今から15~7年くらい前からこのMMORPGのジャンルは開拓され続けてきた。

一時期は日本でも爆発的な人気を誇ったMMORPGなんだけど、実は今だいぶ下火になりつつある。

理由はシンプルで、ソーシャルゲームの手軽さに食われたから。

ソーシャルゲームはパズドラやら黒猫のウィズ、ドラクエモンスターズなどに代表されるスマホゲームが主だ。

実はこのソシャゲは、MMORPGとの競合以前に、前の段階でGreeやmobageあたりの今でいえば何の価値も無いカスゲームを食い尽くした。
かつては成功の象徴だったGreeは今は見る影も無い。
そして今じゃ誰が使ってるのか判らないmixiというオワコン化した会社が生きていられるのもモンストというソシャゲを作ったからといっても過言じゃない。

そしてKOEIも満を持してソシャゲに色々と踏み込んでいる。
大航海時代5だとか、信にゃがの野望だとか、三国志だとか、財産として今まで築き上げてきたものを
はっきり言えば食いつぶしている。

遊んでみれば過去のタイトルの名前がついてるだけの別物、もっとはっきり言うとゴミに近い。(ファンの人がいると思うけどごめんなさい。)
この前信長の野望201Xというソシャゲをまた出したけど、ソシャゲは儲かるから出すんだよね。


儲かる仕組みの前に、ソシャゲがなんでこんなにはやってるのかというと、
MMORPGと同じ『競争の原理』が働く上に、
キャラ育成といった部分に関する『労力の低さ』つまりは『手軽さ』
そして何よりデバイス(ハード)が誰でも持っている『スマホできる』という『携帯性』
主にはこの3つの要素があるから。


特に競争の原理に関しては射幸心を煽りまくれば課金しまくるユーザーがごろごろ出る。
では儲かる仕組みについて少し詳しく説明しよう。
多少専門的な話をするとロングテールの法則というのがある。
※射幸心というのは幸運になりたい、幸運でありたいという感情のこと。人より強いキャラで居たいとか、当たりの装備を持っていたいとかそういう気持ち。


これはゲームの総ユーザー数が多くなると、ゲーム内のシステムを正規化するだけで一定数のヘビーユーザーが生まれ、そしてスーパーヘビーユーザーの使う課金額も上がっていくという法則。
ソシャゲの製作運営に携わったことがある人なら殆ど誰でも知ってるような話だから特別な話ではないんだけどね。、
わかりにくいから例を出すと
100人のユーザーで一番課金している人が1万円だとしたら、
1000人のユーザーにすると一番の重課金は10万円になる。
※ここまで単純ではないけど判りやすくいうとこうなる。

うそか本当かわからない話だから都市伝説みたいなもんだけど
ソシャゲの最大のタイトルはいわずと知れたパズ○ラで、あのゲームの最多課金ユーザーの課金額は数千万といわれてる。
他のタイトルがここまでの重課金ユーザーを作り出すのは難しいとしても、遊んでくれるユーザーが多くなればなるほど儲かるんだなということは判ってもらえたと思う。

これが俗にいうアイテム課金や、ガチャ課金のモデル。



201xも信長の野望オンラインもやってる人がいたら比較してみてもらいたいんだけど。

信長の野望オンラインを一ヶ月遊ぶ金額で201xに課金すると何が手に入る?
これはパズドラとか他のソシャゲでもいい
何か胸が躍るようなものが想像できただろうか?
たいていがガチャ数回しか引けねえとか残念な想像になるんじゃないかな。

で、逆に『開発』という観点で想像してみよう。

信オンにダンジョンを追加するのと、ソシャゲで新しいキャラとかアップデートをするのとどっちが『大変そう』だろうか。
答えは簡単でMMORPGの大半が3Dだから余程の巨大タイトルでもない限り信オンのほうが大変。
まして、KOEIのタイトルは旧作からの使い回しが異常に多いので、開発費も比較にならない。
信オンプレイヤーが201xを遊んだら随分見慣れたキャラやものが出てくるはず。


収益性の問題の最後に維持費という点がある。
信オンとソシャゲとどっちが大量のデータを使用するか。
まあやってみたらわかると思うけど圧倒的に信オンのほうが重いよね。
データとか言うと判りづらい人がいるなら、携帯でいうパケットに置き換えてみたら良いと思う。
スマホの画面に収まるものの通信と、PCやPSでやる信オンの3Dのゲームデータどっちが重いか想像できるよね。
そのデータをおいておくサーバーマシンも、バックボーンの回線もユーザー数:性能で考えたらソシャゲのほうが圧倒的にコストが安く済む。



話を本筋に戻して、MMORPGが下火になってソシャゲが隆盛を誇っているワケ。

今まで長々と書いてきたのを完結にまとめると
1.収益性
2.開発コスト
3.維持費


これらが全部MMORPGとソシャゲだと比較にならないんだよね。
余程の人数が遊んでいる巨大タイトルなら1つのアップデート当たりの月額課金の総額は相当なものになるから収益性も高い。
人が減ると開発にかけられるコストも下がってしまうということ。
この辺は理屈として判りやすい。

いっぱい課金してくれるのに、安く作れて、楽に維持できる


なら誰でもやりたいよね。


で、信オンは12年以上続いている日本でも指折りのロングタイトルなんだけどソシャゲの波は結構近くまで来ていて
これは別の2chまとめサイトの記事の引用なんだけど

2015年サービス終了の老舗タイトル 

「アスガルド」 サービス日数 約4,327日 サービス終了 
http://www.nexon.co.jp/end/asgard/ 
巨商伝 サービス日数 約4000日 サービス終了 
http://kd.age-corp.jp/index.aspx 
レジェンドオブチュセン2 サービス日数 約2,382日 サービス終了 
http://lc.mk-style.com/ 
エースオンライン サービス日数 約2,246日 サービス終了 
http://aceonline.arario.jp/ 
グランドファンタジア サービス日数 約2,239日 サービス終了 
http://grandfantasia.aeriagames.jp/notices/view/6906 SDガンダムカプセル サービス日数 約1,822日 サービス終了 
http://www.sdgundamcfo.jp/ 
エターナルアトラス サービス日数 約1,520日 サービス終了 
http://game.vector.co.jp/support/thx/fno.html 
アスタリア サービス日数 約1,512日 サービス終了 
http://astaria.arario.jp/index.at 
三国千軍伝 サービス日数 約1,361日 サービス終了 
http://sengd.koramgame.co.jp/2015/0310/article_811.html 
ユグドラシル サービス日数 約1,288日 サービス終了 
http://yg.mk-style.com/ 
バトルヴィーナス サービス日数 約1,267日 サービス終了 
http://jp.gamagic.com/bv/service/board.aspx?board=5653 神羅万象フロンティア サービス日数 約1,239日 サービス終了 
http://shinra-game.jp/ 
モンスタードラゴン サービス日数 約1,205日 サービス終了 
http://monsterdragon.jp/ 
戦場のヴァルキュリア サービス日数 約1,000日 サービス終了 
http://valkyria-duel.hangame.co.jp/



これだけのロングセラータイトルがサービス終了してる。

今のMMORPGというゲームジャンルは変革を余儀なくされている。
つまりこれが信長の野望オンラインというゲームの置かれている環境。




で、このポストの結論。
何が言いたいのかということなんだけど。


俺は信オンが好きだからサービスが続くようにKOEIには頑張ってもらいたい。
もし休止してる人や、昔やってたって人がいたら、是非戻ってきて一緒に遊びませんかという呼びかけをしたいということ。
なぜなら、KOEIにとっての収益性が落ちたらサービス終了もありえるから。


楽しんでやってる間はやっぱり続いてほしいと思うしね。


信オンをプレイしたことのある方々へ
懐かしい思い出がいっぱいの信長の野望オンラインでもう一度遊んでみませんか?
今なら帰参キャンペーンもやってます。
12月には新技能追加も目前に控えているのでリハビリにも絶好のタイミングです。






最近運営がアホな課金キャンペーンをやるようになったのも、収益性の低下が原因だと思うから
通常のプレイヤーの数が増えたら良いなあと心から思う。


初心者や帰参者の支援してる人とか私設ってまだあるのかなあ。
そういう活動してる人がいたら是非コメントで教えてほしい。

ってか帰参者の広場に既存ユーザーが入れるようにしてくれよ。


何で一ユーザーの俺が運営の収益性の心配までしてやらなきゃならないんだとも思うけど、まあ遊びたいんだから仕方ないよね。


しかし本当に広告担当やマーケティング担当は居ないんだろうか。
バナー広告の出し方にしてもただ出してるだけっぽくて本当にもやもやする。
もっと訴求の仕方あるでしょって思うんだけどどうなのよ、運営さん?




まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

第一回 知らんけど。アクセスワード ランキング!

某ブログさんでアクセスワードが気になるという表現があった。
アクセス解析はlivedoorブログのものとGoogle Analyticsという二つが入っている。
ちょっとアクセスワードからちょうどいいネタになるので
面白いものをピックアップしてみようと思う。


まず雑感として全体的に多いワード(これを含む複合検索という意味で)
信オン
信長の野望オンライン
僧兵
御札の力
知らんけど
しらんけど


御札の力の記事をいくつか書いたので御札の力はわかるのだが、
僧兵はそんな記事書いてないのに何故。
しかもわりと頻出する。

僧兵にスポットを当てるべきなのだろうか。




それでは面白い検索ワードを発表していく、そのワードが何人に検索されているかということも合わせて。

『信長の野望オンライン 戦国フォーカス』 7人
戦国フォーカスって、なに?

『書見の邪魔だ』 4人
うちじゃありません、残念。

『信オン そのことは我が胸に』 2人
うちじゃありません、残念。

『アウトロウ改』 1人
うちじゃ(以下略

『つちのこ ブログ 信長の野望』 1人
うちじゃないよね?w

『ひまじんオンライン』 1人
うちじゃ・・・

『メイソウアマソウ twitter』 1人
うちじゃ、そもそもツイッターじゃ・・・

『信長の野望オンライン 甲府ストリートジャーナル晒し』 1人
違います。

『信長の野望オンラインでキャラが全部消えた』 1人
どんな悲劇が・・・。

『信長の野望オンラインしら』 1人
もうちょっと頑張って最後まで・・・

『信長の野望オンラインしらんけ』 1人
おしい!あと1文字入れてくれたら!

『信長の野望オンライン一座』 1人
違います、僕じゃありません。そういえば静かになってよかったね。



なんか違うシリーズ
知らんけど どうでもいい
知らんけど…
知らんけどな
知らんけども
知らんし



ちょっと意味が判らなかったシリーズ
ノートpcでps4をプレイする
ノートパソコン ps4 プレイ
金、金の世の中
桂三味ブログ知らんけど
黒金剛の研磨石 信長の野望オンライン


気になって調べてみたら桂三味サンという方が同じ名前でブログをやっていた


黒金剛の研磨石はないよね?
※追記
コメントで黒金剛の研磨石があるという情報を頂きました。
お持ちの方、入手経路をご存知の方情報をお待ちしております!



個人的にうれしかったシリーズ
パソコン系ワード
信on 多重起動
信長の野望オンライン atom
信on ノートパソコン
信オン 多重起動
信長の野望 オンライン パソコン
信長の野望 オンラインがたちあがらない
信長の野望オンライン 2窓
信長の野望オンライン 3垢
信長の野望オンライン hd 快適スペック
信長の野望オンライン グラボ
信長の野望オンライン ノートpc
信長の野望オンライン 多重
信長の野望オンラインhd 起動
信長の野望オンライン多重起動
eeebook x205ta 信長の野望
gtx670 信長の野望オンライン 仙台 重い
nobunagano野望オンライン pc
ps4 信長の野望オンラインどんなゲーム
ノブオン パソコン pc
激安 パソコン 信長の野望オンライン
信長 多重 pc スペック
信長 多重 グラボ
信長の野望 online pc スペック
信長の野望 online 多重起動
信長の野望online hd版 重い


この辺のワードでアクセスしてきてくれた方には
このあたりのカテゴリが今でも役に立つと思う。



帰参系ワード
信オン 帰参者
信長の野望オンライン アイテムは消え 帰参
信長の野望オンライン ブログ 帰参
信長の野望 online 帰参者
信長の野望オンライン覚醒の章、帰参者でやるべき事は?


この辺は素直に書いてきた記事の目的そのものだったからうれしかったなあ。





最後に
『信オン 知らんけど。 正体』
『信オン 知らんけど。 キャラ』
やめなさい。

まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


リンク・引用などについて
リンクも閲覧も引用も紹介もご自由にどうぞ。
お知らせも無くてかまいません。
それでも知らせてくれるという方は、どの記事にでもいいので書いてくれたら見には行きます。

ブログ村PVランキング
ギャラリー
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
最新コメント
当ブログの趣旨と免責

当ブログの記載事項があっているとは限りません。
何らかの情報が乗せてあったとしても間違っている、仕様の変更後等が考えられます。

寄り合い所のような正確な情報の記載を目的としたブログではありませんので、誤った表記に対しての対応はするもしないも管理者の判断とします。

当ブログの記載事項は上記のように正確性の点でなんら保証できず、責任を負いかねるのでその情報をもとに何かをされる際はご自身の責任と判断のもとに行って下さい。

コメントの編集は管理者の一存によって行います。
現在コメントは承認制となっております。
よほど酷い暴言誹謗中傷など以外は基本的に承認します。
非公開希望の方はその旨記載して頂ければ公開いたしません。

特定の人物、一門、団体を誹謗中傷するような目的はございません。


私の主義を一言で言うと、
過疎過疎って言われてるけど世界(サーバー)は一つになったんだし皆仲良くやりましょうということです。

本事項は管理者の独断によって変更することがございます。
twitter#nobuon
著作権に関する表記

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
信長の野望Online・攻略ブログ
  • ライブドアブログ