知らんけど。信オンブログ

信長の野望Online(通称:信オン)のプレイ雑記。 数年間はなれていて復帰。まだ迷子なので整理もかねて。

2015年06月

天才を見つけた。

なんなんだこの圧倒的なクオリティ。

才能があふれ出ている。


文字メインのブログとして書いている身なので格の違いがよくわかる。

圧倒的な文章力
他に類を見ない文章量
抜群のユーモアセンス 
言葉選びの巧みさ
予想もできないオチ

どれをとっても勝てる気がしない。
そもそもほかのブログさんと何かを競い合っていたつもりもなかったが
完全な敗北感を味わった。


終わりまで読むとこれをここまで広げて展開していたのかと驚く。
俺が書き始めたころ少しだけ更新頻度が落ちていらっしゃったようで気づかなかった。


これは、今はやりのブログ閉鎖ブームに乗って俺もこの敗北感を噛みしめながらブログを閉鎖する時が来たようだ。

ああ、最後に天才のブログはこちら

まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ

 

バトルオブ関ヶ原の終了

東西が終わった。

まともに軍神が育ち切っていない我がキャラクターズはこのチャンスに軍神を育てるべく
東西戦を文字通り西へ東へ奔走した。

復帰して一回目の東西だったため情報が少なすぎて最初の一週間はだいぶ無駄なことをしていた。

そう、武将が楽しい、トンカチを地道に等やり方楽しみ方はそれぞれだと思うが、
俺の目的としたのはただひたすらポイントだ。
1キャラを貫くのではなく、複数のキャラで時勾玉やトリシェーラをとることを目的にした。

何キャラかで目的を達することが出来て一番多いキャラでは89万ポイントをとることが出来た。
ランキングを見ると100万をゆうに超す人が非常に多くて驚いた。

ポイントをどうやったら少しでもためられるかという点だけに焦点を当てて走った後半週はかなり楽しめた気がする。


ただ慣れてすこし周りを見渡せば、昔とはプレイヤーの考え方が違ってきているように思う。

祭りなのだ。
でも祭りだとはいえ合戦というフィールドなのだ。
味方が敵というような状況が多々あった奇妙な状況ではあったけども、明確に2陣営に分かれてやる合戦形式なのだ。



で、叩かれて合戦チャットで悪態をつく、撃たれて、馬の突撃を食らって。
それが嫌ならダンジョン行ったらええんちゃいますの?
 
対人可能エリアに行って対人仕掛けられて、当たり前すぎてそれに悪態をつくキャラを見るたびに強烈な違和感を覚えた。

そりゃね、俺もポイント重視でやってましたんで、対人仕掛けられたらうれしくもなんともないわけだよ。
それどころかトンカチしてて巻き込まれるのも同じように邪魔なだけなのだよ。

でも、巻き込まれ設定をオフにしてないのに文句はいえんわな。
巻き込んだ奴が無言でそっこー逃げ入れたとき初めて文句言えるレベルじゃないか。

叩かれるのも突撃されるのも狙撃されるのも、それと同じで。
ソロでトンカチしてる人を徒党でたたいてるような嫌がらせの話じゃあなくてね。
武将湧き待ちしてます!って徒党を対人徒党が叩いてなんの文句を言われる義理があるのかって話ね。
嘘かほんとかわからないけど名前調べて流したりしたログも一度だけ見た。

防衛するのも自由だし、対人するのも自由でしょ?
武将やる自由があるように。

武将やってるときに人が多くてわきまちが複数いると叩き合いになってる状況もあった。
大昔の青龍みたいで楽しく叩き合い。
ここでも悪態をつく人がいた。

叩き負けりゃそりゃ俺も悔しいけどね。
『負けたんだから次いこう』ってさっぱりするのはそんなに難しいことですの?

宣言したのにみたいな意見もあるのかもしれないけど、そもそもそんなルールないしね。



ガキじゃねえんだからさ。
すっぱりしようぜ。

いつまでもぐじぐじいってねえでさ。
思い通りにならないことなんていくらでもある。

向き合えよちゃんと。
自分のやってることがいかにだせえか。



昔からゲームにしちゃプレイヤー年齢高かったと思ったんだけど
最近は精神年齢が低い人が増えたのかね。

あーあ、頑張ってやっていた東西が終わって
東西ロスだよ。
燃え尽き症候群かな。
裸のキャラの装備を出すのがだるい。

そんな祭りの後の一週間。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
バトルオブ関ヶ原にピンと来たら1ぽち
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ



心から言いたいこと

ワンピース第24巻 P.121より
by ネフェルタリ•コブラ
悔やむ事も当然……
やりきれぬ思いも当然
失ったものは大きく
得たものはない

だがこれは前進である!!
戦った相手が誰であろうとも
戦いは起こり今終わったのだ!!

過去を無きものになど
誰にもできはしない!!!

…………この戦争の上に立ち!!!
生きてみせよ!!!!
パパもこういってます。
そう、何も得たものは無いけれど。
無かったことにはできないのだから。

ついでにもう一つ
ワンピース第37巻 P.204より
by トム
造り出す事に
”善”も”悪”もねェもんだ………!!
この先お前がどんな船を造ろうと
構わねェ!!
……だが
生み出した船が誰を傷つけようとも!!
世界を滅ぼそうとも…!!!
生みの親だけは
そいつを愛さなくちゃならねェ!!!
生み出した者がそいつを
否定しちゃならねェ!!!
船を責めるな
造った船に!!!
男はドンと胸をはれ!!!!
まあ今回は船じゃなくBlogですが。
ああ、男かどうかもあれですが。
まあそういうことなんです。

ご理解いただけましたら幸いです。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ

残念

リンクなど整理した。



自分の思い通りに人を動かすことなんざできやしない。

干渉しようとするから軋轢が生まれる。

気に入らなければ絶交機能を使えばいい。
綺麗さっぱり相手の情報は遮断される。
複アカ相手ならそれぞれのアカウントごとに1キャラずつする必要があるけど、いやな思いをするくらいならそうすればいい。

それでも自分の周りに対して変な噂を巻いたりされる様であればハラスメント通報。
事実であれば相手はペナルティを受けるか最悪アカバンされる。

ただ、オンラインゲームで人と関わるということ自体がコンテンツなので関わらないことはナンセンス。
バランスが大事なんだろう。

今回の一連の流れで何か得るものはあったのか。
俺には失ったものしか目に入らない。
残念でならない。

まあちょっとまえの騒ぎより、よほど綺麗に終わっているのでそれはそれでいいと思うが。

続きを読む

やつがいない

復帰したときにやつとの再会記事を書いた。

現役の頃はずっとといってもいいほど共に時間をすごした。

俺は何年もインしない時期があったが彼はちょこちょこ続けていた。

そんなやつと最近会うことがめっきりなくなった。
一門のメンバーの欄をみても入ってないわけじゃないことが判るのだがいかんせんオンラインになっている時間が合わないのだ。


なんとも表現しづらい寂しさを感じる。

自分がいなくなったときこんな風に感じた人が居たのだろうかと思うと少し、申し訳ない気にもなった。



このゲームの多々ある素晴らしい機能の中にチャット機能の優秀さがあると思う。
12年前にこのシステムを作った人はネトゲ黎明期のお手本も少ない中でよくこんな使いやすいチャットを作ったと感心する。

チャットがしやすいということは人とつながりやすいということだし、人とのつながりが強くなるということだと思う。

ベースのゲームとしての面白さは絶対必要なのだが、MMORPGは、ネトゲは人との関わりが生まれるゲームだからこそ人との関わりやすさが必要になるんじゃなかろうか。


知人は最強のエンドコンテンツで、それこそが遊ぶ理由という人も少なくないように思う。
『リアルでは一人ぼっちな人も、信オンにログインすれば知人が居て寂しさを感じない。』

典型的なダメオタクの例として挙げられるこれも、俺は今の時代のコミュニケーションのあり方として一つの形として、ありだと思う。


そういう意味で使いやすいいいチャット機能がありながら、新しい人と知人になる機会が絶望的に少ない今のクエなどをどうやって改善できるかが大事なんじゃないかと思う。
まあそれは運営さんに頑張っていただくしかないが。

ダンジョンの追加、勢力の追加までは発表されている情報なのでまだまだ信オンは続く。
終わり終わりとのたまっている人もいるが、まあ好きにわめけば良い。


信オンは終わったと叫んでいる人は自分にとって終わっただけだと気づいてない。

信オンの本当の終わりは、個人ではなく多くの人にとっての信オンが終わったときにくる。
サービスが成り立たなくなり終了するのだ。

楽しみたいと思うから、信オンが良くなってくれたらいいなと思う。
楽しみ続けたいから、信オンをやる人が増えたり戻ってくれるような一助になりたいと思う。
仮に自分が離れて居ても、また戻ってこれる場所として、ここがあってほしいし、沢山の思いでがあるこの世界が一つのサーバーになたとしても、いつまでも続いて欲しいと思う。
多分俺が六十になっても生きてさえ居ればきっとそう思う。



だから
やつが仮にこなくなったとしても
俺が復帰したときのように
おかえりという日がくるかもしれない

なので
それは尊重しよう

もしかしたら
その前にまた俺が離れるかもしれない

それでも
俺はこの世界が好きだし続いて欲しい

だけれども
やっぱり少し寂しいものだ。




まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ
リンク・引用などについて
リンクも閲覧も引用も紹介もご自由にどうぞ。
お知らせも無くてかまいません。
それでも知らせてくれるという方は、どの記事にでもいいので書いてくれたら見には行きます。

ブログ村PVランキング
ギャラリー
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
最新コメント
当ブログの趣旨と免責

当ブログの記載事項があっているとは限りません。
何らかの情報が乗せてあったとしても間違っている、仕様の変更後等が考えられます。

寄り合い所のような正確な情報の記載を目的としたブログではありませんので、誤った表記に対しての対応はするもしないも管理者の判断とします。

当ブログの記載事項は上記のように正確性の点でなんら保証できず、責任を負いかねるのでその情報をもとに何かをされる際はご自身の責任と判断のもとに行って下さい。

コメントの編集は管理者の一存によって行います。
現在コメントは承認制となっております。
よほど酷い暴言誹謗中傷など以外は基本的に承認します。
非公開希望の方はその旨記載して頂ければ公開いたしません。

特定の人物、一門、団体を誹謗中傷するような目的はございません。


私の主義を一言で言うと、
過疎過疎って言われてるけど世界(サーバー)は一つになったんだし皆仲良くやりましょうということです。

本事項は管理者の独断によって変更することがございます。
twitter#nobuon
著作権に関する表記

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
信長の野望Online・攻略ブログ
  • ライブドアブログ