復帰課金初日は様子見だけで懐かしさを味わって落ちた。

もしかしたらあの数年分の懐かしさを味わうだけでも1ヶ月分の課金に見合うのかもしれない。
(ただそれだけなら、もののふの日にでも無料で入ればいいと今は知ったのだが。)

2日目、感動の後味わった、知人欄が真っ黒という寂寥感からか、特に入ることも無く終了。

3日目、少し時間がたち、課金してみたことを思い出す。時間が合わなかったからかも知れないと思い入ってみる。
確か夜のゴールデンタイムに入ったはず。

入ったときは相変わらず真っ黒でやはり誰も残っていないのかもしれないと思った。
とりあえず、知人にこだわらないで新しいコンテンツを見て回ろうと思った。
(この時点では戦闘する心積もりはなかった)
 
ただ、居ない間にどんなコンテンツが追加されたのかもわからないため、
寄り合い所の存在を思い出し、開いてみた。

寄り合い所は相変わらず情報が集まっているようで、稼動していてくれて安心した。

寄り合い所の中を見ると、争覇の後どんな追加が行われたのかが良くわかった。
新星の章
鳳凰の章
天下夢幻の章
そして今の覚醒の章

章ごとに追加されたコンテンツや変更されたものも多いようだ。
すこしゲームに入る前にここを学んだ。
ダンジョン的な要素として


・新星の独眼流の野望
・鳳凰の秀吉戦記、忘却の魔境
・天下夢幻のもののふ道場
・覚醒は追加なし


そのほかのコンテンツとして
・それぞれの章で目録の追加
・合戦は何度か仕様が変わったようだ
・新星では腰袋と指輪という装備品の追加
・鳳凰では家臣団、城下町
・天下夢幻で攻城戦、軍団と安土の導入
・今現在の覚醒で、大名物と稼業

といったところか。


寄り合いのメニューを眺めただけで相当整理できた。
が、それぞれの中身がどういったものであるのかはこの時点で掘り下げる必要がない。
興味で見て回ろうというだけだった。


なるほど、青ネームをつれて回ってる人が多いがあれは家臣なのだなとこの時点で理解。
そしてどうやら家臣は自分の代わり(誤解:供にだった)に戦ってくれるようだ。
コレはすごい、装備も減らない(減ります)まずは家臣だと思い、家臣の作り方を見る。


寄り合い所には一文目にこう書いてある。


城下町にいるNPC“家臣目付け役”に話し掛けると、家臣を登用・解雇できる


コレを見た俺はこう思った。
なるほど、どこかにこの家臣目付け役が立っているのだな。
こいつを探そう。

そして30分くらい町の中を走る。

が、見つからない。

何故だ。


改めて寄り合い所を見ると城下町にリンクがある。


・・・

・・・・・

・・・・・・・・・


城下町って普段いる両替とかあるところじゃなくて、自分の持つ城下町かよ!


帰参者には単語の微妙なニュアンスをつかむことが出来ない。


そう、無駄に走り回っていただけだった。

家臣をつくるには城下町を作る。
そこに出現する『家臣目付け役』と話す
ここで初めて進む。


少し心が折れかけながら城下町を作った。



そして家臣を作るには忘却の魔境へいけといわれる。


・・・たらいまわし。


お役所仕事か!


家臣を手に入れるためだ、我慢だ。


忘却の魔境に入り神主と話す。

とりあえずコレで家臣が作れるらしい。


ふと周りを見ると中々良いロケーションではないか。
忘却の魔境、雰囲気がなんとなく大和の何とかってダンジョンに近い。(三輪山)

懐かしさを覚えて景色を見ながらすこしボーっとしてると、突然所作が。

見たことがある名前。


初めて昔の知人を見つけた瞬間だった。

10分くらい会話をした後わかれたが、
どうやら彼も引退していて一年ほど前に戻ってきたらしい。


その後自分の城下町に戻り家臣を雇う。
そして家臣を育てることが出来ないということに気づく。

どうやら家臣団資金というのが必要らしい。
どこかへ行くには知人と組むか家臣が居ないと厳しそうだと思っていた俺にとって家臣は唯一の希望だった。
 
家臣を育てるすべがないというのはいったいどうしろというのか。
困り果てた。

この辺で一度面倒になって投げてログアウトした。
こんなかたつむりのような速度ですすんでいてどうにかなるものなのだろうか。



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

信長の野望Online・攻略ブログ