知らんけど。信オンブログ

信長の野望Online(通称:信オン)のプレイ雑記。 数年間はなれていて復帰。まだ迷子なので整理もかねて。

ネトゲでも法を犯すと逮捕されますよという話。

前回のポストでは沢山の反応を頂きありがとうございました。
否定も肯定もお叱りもお褒めもしっかりと目を通しました。


僕のポストに追従、便乗記事をアップしている方々もいらっしゃいましたが基本的に放置しておこうと思っておりました。

何故なら基本的に主張をする自由はあって当然と思っておりますし、僕の方にも構う価値がないので放置する自由はあります。
それにお一方はTwitterでつい先日お話しした際にお互いに今後関わらないようにしましょうねとお話をした相手だったからです。
鶏のようにお忘れのご様子でした。
もうお一方はTwitterでいつの間にやら僕をブロックをしていらっしゃる方でした。
ブロックは自分の判断でやるものです。自由にしていただいて構いません。
ただTwitterではブロックしつつブログで恐らく僕に語り掛けているという訳の分からないことをしていらっしゃいました。
糖質かな?

ということで追従し便乗しブログ村のランキングを上げることに必死なご様子にむしろ感心するような気持で遠いところから眺めていた次第です。
ランキングには価値がないといくら教えて差し上げても学習能力がないのかいつまでも拘っていらっしゃるご様子。




話がそれました。
前述のとおり特に反論するつもりはありませんでした。
しかしながら今回結局この記事を書くことに致しました。
理由は僕の記事が原因で法律、契約周りのデマを吹聴してる輩がいるからです。
お読みになった方がデマを真に受けて被害をこうむることがないように注意喚起をしようと判断しました。



といった経緯ですので今回の記事は法律や契約の話が入りかなり長くなります。
そんなもんどうでもいいわという方はここで閉じて頂くか戻るボタンで退去していただくと宜しいかと思います。

長いので一応項目分けをし、各項目の結論を最後にまとめました。
結論が知りたいという方は最後の部分だけお読みください。










それでは始めます。





第一項 利用規約とは


まず大前提として『利用規約』とは何なのかという事を理解しないと話がややこしくなります。
利用規約というのはサービスを提供している法人、運営者が『自分のために』作るものです。

法律的な話であったり契約的な話だとついつい公平中立、弱者のための~と思ってしまいがちですが全くの間違いです。
利用規約というのは変なクレーマー、悪質な利用者などからサービス提供者が自分の身を守るために作る防具です。


ここで注意しなければならないのは法律に則って作られているように見えるという点です。
実際は法的に問題があるような文章も盛り込まれていたりすることが多くあります。
ですが、あまりにも酷いとプレイヤー側からの指摘が入ったり今はネット上でも炎上したりします。
なのであくまで真っ当にやってるように見える様にするのが一般的です。



極論ですが企業側からしてみたら一番の利用規約文は
全て〇〇の判断するところに依り、利用者は可及的速やか、且つ確実に全て対応しなければならない。
こんなところでしょう。
要するに企業側が好き勝手やりますという事ですね。
ですがこんなもの誰も同意しませんし、法的にも無効になる要素しかない上にすぐ炎上してしまうことが想定されますのでこうはしないわけです。



第一項『利用規約とは』の結論は
利用規約は作った企業が自分のために作るもの。
信オンの各種利用規約はコエテクのコエテクによるコエテクのための自衛のルール
であるという事です。








第二項 利用規約と法律

さてここでもう一つきちんと整理しなければならない点があります。
利用規約というのは法律なのかという事です。

もうお判りですね、利用規約は法律ではありません。


各企業が各種関連法に縛られながらも自分の利益を守るために作る自治ルール。
それに同意したユーザはそれに縛られることになりますのである意味で契約という事も出来ます。

商法であったりとか個人情報保護法であったりとか関連法の様々なものに縛られるのですが、法的に無効になる文章が盛り込まれるケースがあります。
何故でしょうか?
無効になるなら入れる意味がないのでは?

実はちゃんと意味があるんです。

企業対ユーザーの戦いとは法闘争に他なりません。
ですがそれは裁判所を介してのみ行われるわけではないのです。

法闘争には示談という選択肢が常に先にあります。

さて一つ想定してみましょう。
利用規約に書いてあるから〇〇をしろと、企業側からメッセージが届きました。
従わない選択肢をし、訴訟を起こされる可能性もあると考えるとおとなしく従う人が多いのではないでしょうか。
その文面が、その利用規約が、法律に基づいているかいないかを調べてから対応するという人とどちらが多いでしょうか。

つまり書いてあるだろ、同意しただろ、という事が狙いであるケースもあるという事です。

例を挙げるなら子供のグループでそのグループの独自ルールがあるようなニュアンスでしょうか。
煙草を吸ったら仲間だというルールがあるとして、法には反してますがそのルールに則らないと仲間にはなれない。
というようなですね。

あくまでニュアンスの話でコエテクは上場企業なので法律に反した規約はないと思います。
少なくとも僕は見ていません。


第二項『利用規約と法律』の結論は
利用規約は法律と密接に関わるものではあるが、法律そのものではなく、適法ではない記述があることもある。
という事です。









第三項 『信長の野望 Online』著作物利用規約

今回の焦点になっているのがこれです。


長々書いてありますがニュアンスで短縮します。


著作権はコエテクにあるよ。これが一番大事。
有効なアカウントがあるなら画像と動画は公開していいよ。
ただし音はダメなんで消してね。
使う場合は利用許諾の文言を書いてね。
キャラ名は個人情報含んでる場合があるからそんときは消してね。
ユーザー間のトラブルは知らねーから勝手に解決してね。


その他として
あと例外的に指摘することもあるからその時は速やかに対応してね。


ということです。
あくまでニュアンスなので自分の目でしっかりと規約を確認して解釈をしてください。


第一項第二項を見て頂いてもうお判りだと思いますが、最後のその他の文はコエテク側が予想出来ない不利益を被った場合に対応するための一文です。
念のため最後の一文だけ引用してきましょう。


○上記に記載の条件を満たしている場合であっても、当社が合理的な理由をもって不適当であると判断した場合には、当社より、Webサイト、ソーシャルネットワークサービス等に掲載、転載、配信された、著作物の修正を要請します。
この場合、該当の修正を遅滞なく行ってください。


ここを利用者のための利用規約と勘違いすると
『通報がきてからコエテクが判断するものだから』という意味不明な言い分が生まれます。

その言い分で通るなら

『あの動画なんとなく気に入らないから削除するように言ってもらえませんか。』

という通報でもコエテクの判断によって削除が成立する可能性は否定できないことになります。
もちろん通報することは自由です。通報してコエテクが削除に動くことも事実としてありえるのですがコエテクが動く確率がどのくらい低い確率なのか判断は難しくないですね。


普通利用規約や契約、法律の文言を扱う場合はこういうふわっとした確率的な話に頼ることなく論を構築します。
相手が企業であれ個人であれ動く必要があるのかないのか、そういったものを判断し動かすために通報するわけです。
かもしれない、なんて曖昧なもので企業も個人も動きません。
あくまで、コエテクが判断するもの、というところを主張するなら。
コエテクにとってこれを放置するとどんなデメリットがあるのか、というところを論理的に通報に盛り込む方がまだましです。
それが真っ当であれば動く理由付けくらいにはなるでしょう。

一番簡易的に使えるのはハラスメント通報ですが、これはゲーム内の嫌がらせについてなのでこれこそがコエテクの判断に依る。という性質のものです。
もしかしたらこのハラスメント通報でコエテクが動いてくれるのが当たり前みたいな感覚を持ってしまったのかもしれませんね。
残念ですが、契約や法律の定義はそんな曖昧ではありません。




第三項『『信長の野望 Online』著作物利用規約』の結論は
『信長の野望 Online』著作物利用規約の最後に書いてあるその他の一文は
コエテク側にとって予想ができない損害が発生したときの保険でついてるだけ。
ユーザー同士のトラブルは自分で解決しろって書いてあるだろ。
という事です。













第四項 ネットワーク規約の項目15「禁止事項」


『信長の野望 Online』著作物利用規約にはこういう付帯条件があります。

(4) 著作物を掲載および転載するWebサイト、ソーシャルネットワークサービスの内容が、ネットワーク規約の項目15「禁止事項」に該当する内容を含まないようにお願いします。

ではこのネットワーク規約の項目15「禁止事項」
とは何を指すのでしょうか。

少し長いですがそのまま引用します。
飛ばしても構いません。




15.禁止事項
本規約又は個別規約において特に定められているものの他、ユーザーは、本サービスのご利用を通じて、以下の事項を行ってはならないものとします。
    
(a)     当社又は第三者の知的財産権等・財産権その他法律上の権利を侵害すること、又は侵害するおそれのある行為。
    
(b)     第三者の個人情報を開示すること、第三者のプライバシーや肖像権を侵害すること、又は侵害するおそれのある行為。尚、ここで意味する「第三者の個人情報」とは、その情報が本サービスの利用を通じて知得したものであるか否かを問いません。
    
(c)     個別規約で認められている場合を除いて、本サービスの利用を通じて得られたデータや情報等(その複製物を含みます)を、有償・無償の何れかであるかにかかわらず、第三者に、譲渡・貸与・承継等をする行為。
    
(d)     ユーザーの行為が、本サービスの運営を妨害した又は妨害するおそれがあると当社により認められる行為。
    
(e)     ユーザーが本サービス内に掲載されている情報・内容並びに著作物を、これらの権利者から事前の承諾を得ることなく、改変・改ざんもしくは編集したと当社により認められる行為、又はそれらを方法のいかんを問わず再配布したと当社により認められる行為。更に、本サービス・ご自身のホームページを含む、あらゆる場所において、その方法のいかんを問わず、前述の改変・改ざんもしくは編集の方法を公表する行為。
    
(f)     当社又は第三者を差別し、誹謗中傷を行う等、名誉や信用を毀損する行為を行うこと、並びに第三者の通信の秘密を侵害する行為。
    
(g)     中傷・嫌がらせ・わいせつ等、他のユーザーが嫌悪感を抱く、又はそのおそれのある内容の掲載・開示・提供・送付・送信等の行為。
    
(h)     他のユーザーが本サービスを利用することについて、又は当社が円滑に本サービスの提供・運営を行うことについて、コンピュータウィルス等の有害なプログラムを提供・送信することを含み、故意に中断させる行為や妨害する行為。
    
(i)     他人になりすまして、本サービスを利用する行為。
    
(j)     本サービスの利用にあたり、当社に使用料を支払う場合において、この使用料の未払い行為。
    
(k)     万が一、本サービス及び本サービスを通じてご利用する当社の商品に不具合が含まれていた場合において、これら本サービス及び該当する商品の利用において優位に立つ目的その他不公正な目的のために、その不具合を使用すること。
    
(l)     前(a)から(k)に定める他、他のユーザー又は第三者の権利や利益を侵害する行為、当該権利や利益を侵害する虚偽・偽造もしくは詐欺的情報の掲載・開示・提供・送付・送信等の行為、もしくは本サービスの利用方法として予め合理的に想定又は許容される行為以外の行為を実施すること。
    
(m)     わいせつ・暴力的もしくは残虐的な表現行為、売春・買春勧誘行為、ならびに公序良俗に反する行為。
    
(n)     犯罪的な行為又はこれに結びつく行為。
    
(o)     選挙の事前運動・選挙活動又はこれらに類似する行為や公職選挙法に違反する行為。
    
(p)     政治又は宗教に関連する行為。
    
(q)     営業活動その他営利を目的とした行為、又はその準備を行うための行為。
    
(r)     本サービスの利用を通じて取得した仮想通貨やポイント、アイテム、キャラクター、アカウント等(以下「仮想通貨等」といいます)を、現実の通貨、金券、物品、情報、シリアルナンバー等(以下「現実通貨等」といいます)で取引する行為(以下「禁止取引行為」といい、禁止取引行為には、現実通貨等によって(対価の一部として仮想通貨等を用いる場合も含みます、以下同じ)仮想通貨等を販売したり、購入する行為、及び現実通貨等によって仮想通貨等を販売したり、購入する行為の準備行為(インターネットオークションの対象とすることなど)を含みますが、これらに限られません)、禁止取引行為を意図・暗示する行為、並びに禁止取引行為を誘引・宣伝広告する行為であると当社が判断した行為。
(s)     その他、法律・規則及び命令等に違反する行為又はそのおそれのある行為。
    
(t)     その他、前(a)から(s)に定める事項に類似する行為。




この中で今回関わってきそうに見えるものを再ピックアップします。

(f)     当社又は第三者を差別し、誹謗中傷を行う等、名誉や信用を毀損する行為を行うこと、並びに第三者の通信の秘密を侵害する行為。
    
(g)     中傷・嫌がらせ・わいせつ等、他のユーザーが嫌悪感を抱く、又はそのおそれのある内容の掲載・開示・提供・送付・送信等の行為。

この二項ですね。
実は結論から言うとこの二項、今回の件とは全く関係がありません。
字面を見ると関係があるように思えるでしょう。
ですが答えは『関係はない』となります。
理由はとても簡単です。
このネットワーク規約というものは全てリアルについて書かれてるものです。
つまりリアルの情報(個人情報)を暴露されたり、差別的な表現を浴びせかけたりといった行為のことを言っています。
これをゲームについて適用する場合はそのまま(ゲーム内でリアルについて)とつけて読むとよいでしょう。


このままですとわかりにくいので今回の動画について判断するとしたら、という文章に変えてみます。

(f)についてはこうなります。
 ゲーム内でリアルについて当社又は第三者を差別し、誹謗中傷を行う等、名誉や信用を毀損する行為を行うこと、並びに第三者の通信の秘密を侵害する動画をアップする行為

(g)についてはこうなります。
 ゲーム内でリアルについて中傷・嫌がらせ・わいせつ等、他のユーザーが嫌悪感を抱く、又はそのおそれのある内容の掲載・開示・提供・送付・送信等が含まれる動画をアップする行為


これが『信長の野望 Online』著作物利用規約に基づいたネットワーク規約の項目15「禁止事項」についての解釈です。
はてさて今回のGEROさんの動画でリアルに触れる内容が一つでもあったでしょうか。
文字情報すらほとんどないので全くないと言い切れますね。



この項目を『リアルについてではない、ゲーム内だ!』とで考えた場合を想定してみましょう。
伊達家はドン亀とか罵ってるどこかのブロガーもゲーム内での差別発言をしていることになりますね。
また、昔はこういう方が良くいましたが配布装備のプレイヤーとは組まない=弱者差別というような妙な利用規約の適用の乱発が行われることになり、破綻します。
良く考えればこれはリアルについてのことだと判るはずです。





第四項『ネットワーク規約の項目15「禁止事項」』の結論は
ネットワーク規約の項目15「禁止事項」はリアルのことについての規約だから今回の動画では全く関係がない。
ということです。










第五項 GEROさんのアップした動画の問題点

結論から言うとありません。
根本的にPS4shareの動画ですから著作権侵害した動画は元々上げれないでしょう。

強いていうなら権利帰属の記載の不備くらいでしょうか。
ただPS4shareの動画ですのでその点もクリアしてるように思えます。
ここに不備があるならコエテク側とソニー側の問題とも言えます。
twitterはAPIで引っ張ってるだけなので引用のルールに沿って問題がありません。
動画自体でお相手のキャラ名が確認できません。
twitterの投稿にキャラ名が入っているのはこの著作物利用規約における動画利用とは別問題です。
音声も入っていません。
つまりコエテクの指定したルールを完全に満たしています
禁止事項の付帯条項(ネットワーク規約15項禁止事項)にしても第四項で確認した通り問題ありません。


この動画は個人の晒し上げ行為が問題だと言ってる輩は動画とTwitterでのツイートを混同していることを自覚できていないだけです。

著作物の利用という意味ではPS4shareの動画アップで完結しております。
動画のみではキャラ名もチャット欄も含めて一切出ていませんので個人を特定するのは困難であると言えます。
仮に個人晒し動画だったとしてもここまで見てきた流れでわかると思いますが利用規約には触れません。今回のケースでいえば彼のいう『個人晒し動画』ですらないわけです。




第五項『GEROさんのアップした動画の問題点』の結論は
黄金騎士GEROさんのアップ公開した動画に不備は見られない。
という事になります。








第六項 今回の動画を削除させるコエテク側のリスク

実は削除の要請を出すことでコエテク側にリスクが生まれることになります。
GEROさん側の権利の侵害という視点が発生するからです。
GEROさんに利用規約、許諾についての不備がない状態で且つ個人間の紛争の火種になったという理由だけで削除を要請することが公平でしょうか。
当たり前ですが、許諾の範囲でGEROさんがどう運用するかはGEROさんの表現の自由という権利であるとともにゲームシティユーザーとして、信オンユーザーとして当たり前に認められた権利です。

これを全く公正な理由なく是正命令(要請)を出すというのは今どきの企業にとっては大きな炎上リスクです。
GEROさんが今回の件で削除を依頼されたとして、規約を守ったのに何故消さなければならないのか問いただす動画をアップしたとして今度はコエテクにそれを消させる権利がなく名目も立ちません。
自分で定めたルール(利用規約)がおかしい、不備があると言ってるようなものです。


第六項『今回の動画を削除させるコエテク側のリスク』の結論は
今回の動画を削除させるという行動はでコエテク側に無用なリスクが発生する。
になります。








ここまでが利用規約というある種の契約、約款についての解釈や説明です。





僕のビジネスであるネット上の広告業というのは広告媒体の作成を含みます。
広告媒体というのは『人が目にするもので広告を載せることができるもの』のことです。
誰もが知ってる最も有名な広告媒体はテレビ番組でしょうか。
ネット上に限ればYahoo、google、youtube等が有名どころになります。
あれらは人が集まるサービスを展開し、そこに広告を出したい広告主を集めることで収益を得ています。
もちろん大規模だろうが小規模だろうがそこに利用規約が存在しえることが多い(全てではない)ことに変わりはありません。

自分自身でリリースしたサービスやサイトでも利用規約を作ったり買ったりしてきました。
利用規約というのはテンプレートが販売されたりもするのです。
現にコエテクの大航海時代と信オンの利用規約はほぼ同じです。
(信オンのほうは年数が入っていて2016年で止まっているので穴があると言えます。)

弁護士に法的な部分で確認を取ることももちろんしてきました。
素人目で見ると字面の解釈しかしませんが法律用語はそう簡単ではありません。
誤解されるのが分かっていてそうするケース、法的に無効になるのが分かっていてそうするケースすらあります。



素人が勝手な解釈で講釈を述べるのもゲームのことであれば別に問題はありません。
しかしリアルに関わってくることであるとまた問題が違ってきます。
あの解釈に沿ってなんでコエテクは動かない!と何回もムキになって通報を繰り返したりすれば下手すれば業務妨害、営業妨害です。
今はネット上でのメールやツイートだけでも逮捕される時代です。
僕は法律の専門家ではありませんが、契約や利用規約については触ってきた物なので一般の方よりは詳しいと思います。
無論僕がここで述べたこと、そして他で述べられていること、どれが正しいか。
それは実際に行動しなければ確実なことは言えません。
あくまで利用規約なのでコエテク側の判断に依る部分があるのは間違いないのです。
実際に読んでみてどれが信ぴょう性のあるものなのか、それは自分で判断していただきたいと思います。




個人的な感覚の話をするなら、彼の主張がそのまま通るのであれば。
僕に対する罵詈雑言の嵐であるあのブログ自体が通報によって削除される対象になると思います。
が、実際には通報したところでコエテクは動かないでしょう。
通報もしませんし。
※コエテクが動かないのはコエテクがダメだからというのではなく、そもそもルールがあるからだという事は今日のポストでご理解いただけると思います。




ちなみに今回の件で言えば彼の言ってる内容が滅茶苦茶なのは利用規約の解釈だけではありません。
山県さんが自分で自分に使った逆上という言葉をあえてタイトルに入れる無神経さ。
山県さんが主張したのは肖像権ではなくキャラが映っていることに対する著作権であるという誤認。
最初に山県さんが目的としたのは動画の削除。
両方と会話することができたのならGEROさんに頼むのは記事にしていいかという許諾ではなく、山県さんのために削除してくれないかという交渉だったように思います。
山県さんがアップしていたというまるぼろさんについての動画についての記述もまったく論理的ではなく意味不明です。
誤魔化してるのが容易に見て取れます。
山県さんが馬で引いたのはGEROさんじゃないかもしれない、幽霊では見えない隠れていた他のプレイヤーかもしれないという主張に至っては失笑ものです。誰かその見方に賛成できる人が居たらぜひコメントを下さい。


必死に山県さんから許可をとったとアピールしてますが当事者の一方に許可を取ればいいというのであれば当時僕は記事を書く前ににゃん太さんに許可をとってました。
なので僕のあれも横槍ではなかったということになりますし、僕がやっぱり横槍だったというのなら今回のあれも横槍以外のなにものでもないですね。


この件の発端は動画をGEROさんがアップした、理由はどうあれ山県さんはそれを消してほしかった。
ここから始まってます。
まずはここを斟酌して動いてれば正当性をもう少し主張できたはずです。
ですが僕を叩くというところをスタートで論を組んでるので滅茶苦茶になっていますし、ご本人が本当はどうしたいのか、どうしたかったのかというところについてはガン無視です。
規約についての解釈もドヤ顔で語ってますが素人目線で事実誤認も甚だしい状態です。

山県さんの想いというのが僕に対する憎さなのか、早く静まってほしいという想いなのかそれは僕には分かりません。
しかし結果的に山県さんが合戦でそういう行動をとる人であるというのが信オン界隈に広く、長く浸透しつつある状況が続いています。
これが山県さんにとって正解だったのか失敗だったのかと考えると、後者であろうなとは思います。



味方だと思って調子のいい話をして近寄ってきた輩に頼ったのが失敗でしたね。
それは貴方の味方ではなく、僕と伊達家を叩きたいだけで貴方のことをボロボロにしても気にしない、寧ろ敵に近いものでした。












最後に今回の総括として各項目の主題と結論を提示します。



第一項『利用規約とは』の結論は
利用規約は作った企業が自分のために作るもの。
信オンの各種利用規約はコエテクのコエテクによるコエテクのための自衛のルール。
であるという事です。

第二項『利用規約と法律』の結論は
利用規約は法律とは密接に関わるものではあるが、法律そのものではなく、適法ではない記述があることもある。
という事です。

第三項『『信長の野望 Online』著作物利用規約』の結論は
『信長の野望 Online』著作物利用規約の最後に書いてあるその他の一文は
コエテク側にとって予想ができない損害が発生したときの保険でついてるだけ。
ユーザー同士のトラブルは自分で解決しろって書いてあるだろ。
という事です。

第四項『ネットワーク規約の項目15「禁止事項」』の結論は
ネットワーク規約の項目15「禁止事項」はリアルのことについての規約だから今回の動画では全く関係がない。
ということです。

第五項『GEROさんのアップした動画の問題点』の結論は
黄金騎士GEROさんのアップ公開した動画に不備は見られない。
という事になります。

第六項『今回の動画を削除させるコエテク側のリスク』の結論は
今回の動画を削除させるという行動はでコエテク側に無用なリスクが発生する。
になります。





総括
以上の結論六項目から
今回の動画の件で通報するのは自由だがどんな論点を持ってもコエテクが動く確率は限りなくゼロに近い。
となります。



長々書いてきましたがゲーム外のユーザー間のトラブルは自己解決しろと明確に書いてあります。
『利用規約はコエテクが自身を守るために作ったもの』という本来の目的を考えれば都合のいい解釈が成り立ちえないことは想像に難くありません。
動画アップ側の権利を侵害する可能性という視点も含めて考えればコエテクが動く理由が全くありません。




といったところで今回は終了します。



17/02/28 14:26追記
念のため勘違いする方がいないように追記します。

利用規約が法律ではないとはいえ、著作権周りの権利などはコエテクが当たり前に持っているので
利用規約を無視するような行動をとることはおやめください。
ハードなリスクしかありません。



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

ゲーム内だから何をしても良いのか、それは自由なのかという話

信オンにおける合戦は対人コンテンツである。

もちろん武将を倒す等NPCがかかわる部分も多い。
しかしプレイヤーが居なければ決着はつかず、プレイヤー同士が戦う、相手陣営の狙いを阻害するといった要素がメインとなっていることから対人コンテンツであると考える。


昔から言われてる事でもあるし、他の対人要素があるゲームでも散々問題になったり議論されたり議論し尽している要素でもあるが、対人コンテンツは対人問題が起こりやすい。

もっとも単純に言うと揉めるのだ。


何故揉めるのか。

どのゲームでも対人要素は勝敗があり、勝てば嬉しい負ければ悔しいというシステムが組まれている。
これはゲーム性自体の話だが、競争の原理を取り入れて加熱する手法でとても一般的な話だ。

明確に勝ちと負けが数字で出る。
そして勝ちを取るため、負けないために戦略戦術を練る。
信オンで言えば外交から始まり、物資、策謀というシステム面や周知やモチベーションアップ等の人的なものも含めた戦略要素。
そして実際に陣が始まりどこをどのように攻める、守る、情報共有、今何が必要であるかの判断、旗振りなどの戦術要素。


もう十数年にわたり毎週のように複数起こっている合戦。
合戦が起こる、そこに想いを、手間を掛ける人がいる。
ただ参戦しているという気楽な層もいれば、本気で国を勝たせるために真剣に、必死で考え行動している人達もいる。

戦略、戦術の基本は
・相手の目的を阻害すること。
・(勝ち負けという点に関わる事柄において)相手の嫌がること、やってほしくないことをどれだけ効率良く出来る様にするかということ。


突き詰めればこの2点だ。
そしてこの2点は裏表でもある。

戦術レベルで言えば
目的を阻害することというのは武将にフルでつく、救援を入れるといった目的を敵陣営が持って動いていたとしてそれを阻止する行為だ。
相手の嫌がること、やってほしくないことをどれだけ効率良く出来る様にするかというのはその逆で武将を落とされたくないと思って居ると判断するなら武将を落とす。
武将徒党をフルで武将に着けたいと思っているなら防衛する、割る等の行為が考えられる。

戦略でレベルで言えば
目的を阻害する→同盟の交渉を破綻させる。合戦の進行経路の選択肢を奪う。
嫌がること、やってほしくないことをどれだけ効率よく出来る様にするか→敵陣営が組んでほしくないであろう国と組む。同盟国とバラけた状態で合戦になるよう他国と連携して合戦を起こす。やってほしくない策謀をきちんと選択する。


こういったことを考えるか考えないかはともかくとして、ここでしばしば問題になるのは
『どこまでの行為を容認するのか』
ということだ。


例えばスパイ。
明らかに敵陣営のキャラが自陣営に潜り込み士気を落とすようなチャットを延々と垂れ流す。
突撃武将を出したり。防衛状況を相手に明らかに流していたり。

例えば兵種の悪用。
銃を装備し、マクロで連射しながら前進してくる徒党。

例えば捨てキャラ。
赤!を出して検索文等での誹謗中傷。

例えばゲーム外。
匿名掲示板を使った妨害工作。ブログでの批判。SNSへのコメント。



こういったものは確かにシステム的には可能だ。
システム的に可能だからやっていいのか。
良いという人もいれば悪いという人もいるだろう。
この議論に正解はない。
ハラスメントに該当しなければシステム的には運営に通報しようが容認される。


今回この記事を書くきっかけになった出来事があった。
詳しく述べることは今の時点で避ける。
その時は知らなかったのだがどうやら一連の流れの原点は黄金騎士GEROさんのこのツイートにあるようだ。




昔から合戦で問題になり議論されている死体蹴り、死体踏みというやつだ。


これ(動画の件)も前述の行為も含めて
個人的にはやろうがやるまいが好きにすればいい。
心からそう思う。
各人の自由だ。


ただこの自由という概念は何でもやっていいという事ではない。
自ら由(よし)とする。
自分がよしとすることをなすということだ。


一番大事なことはそれを自分がやって、良しと思えるのかどうか。


だから僕はやらない。
僕は御免である。
自分が自分自身に対してとんでもなく見苦しいと思ってしまう。
昔何かの記事で使った表現だが『美しくない』と思う。


そしてそれを他人が見てどう思うかどうか。
それはやった行為を見た各個人の判断になるのだ。


だからこそ本当の意味で僕らは本当の意味で自由に振舞わなければならない。
本当の意味で自ら良しと思った行為をしているのであれば人の目等気にならない。

もしそれが気なるようであればそれは自己欺瞞があるからだ。
自分で良しとは思って居ない。本当は良くなかったと思って居る。
だがそれを認める事ができない場合、状況、心境に陥ったときどうなるか。


悲しいことだが他者を攻撃し始める。



これを余裕の欠如という。
傍から見ると狂を発したようにすら見えることもある。

自由のはき違えが起こす惨事であり、悲しみであるともいえる。


人を殴る自由は殴りかえされる自由の裏返しでもある。
人を罵倒する権利は罵倒される(相手が自分を罵倒する)権利の裏返しでもある。
自ら良しとした行為の責任は自分がとるしかないのだ。


だから僕は自分が書いた記事やツイートを基本的に消すことは無い。
相手に迷惑が掛かると思った場合のごく一部の例外を除き。


自分の発言を消すということは責任の放棄であると考えている。
責任を放棄する手の人間が自由だと思って居るそれは
『我が儘』という別の言葉なのだ。




まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


信オンがあと10年続く為に

先日久しぶりにブログを更新した。

三ヶ月も更新してないとこのブログの文章の書き方を忘れてしまって困る。

さて、久しぶりに更新したのだけど変なところに余波が行ってしまった様。
にゃん太さんの名前を出したのはわざとと言えばわざとなのだけど、どっちかっていうと慰労と褒める要素だけのつもりだったんだけどねえ。
これはにゃん太さんの仕掛けだったので結果的に彼の先見性は素晴らしいものだったと言える。
という文章なんだけど、前後と合わせて彼が何を仕掛けたのか意味不明にしてあったので飛び火はないと思ってたんだけどまた飛び火したよ。
どういう流れでどんな感じで飛び火したのかは判らないけどまあ俺の書いた文章にまた火病を起こしてにゃん太さんに罵詈雑言という流れだろう、レスの文を見る限り。
この文章でにゃん太さんに文句をつけるって相当なイチャモンでしかないと思うけどねえ。

直接言ってくりゃいいのにねえw
わざわざこのブログも見に来てるんだったらコメでもいいし。


ただもう興味はないんだよねえ。





で、表題の件。
信オンについて書いたらにゃん太さんからコメントを頂いた。
これについて書こうと思う。
頂いたコメントは
衰退マーケットの中にありながら、それでも伸びて行くビジネスモデルはまだまだあると思います。

良い例が、保険業界です。
100年続く業界でも、若者の保険離れなどもあって40兆円を超えていたマーケットは縮小の一途であり、少子高齢化もあって拡大の見込みはありません。

そんな世界で、ここ10年で爆発的に規模を拡大したのが、ほけんの窓口グループをはじめとする来店型の保険ショップです。

高度なIT技術でもなく、人工知能でもなく、実にアナログな「店舗」という一見すると投資効率の悪そうな形態で爆発的に規模を拡大しました。

わざわざ足を運ばなければならないし、面倒だとおもうのですが、決め手は「対面する事」に重点を置いた、正しく原点回帰によって勝利を収めたと言えるでしょう。

MMOも、ここらで原点回帰をしてみたらどうかと思います。

仮想空間での疑似生活。

のぶおんも、食料があります。
システム上は無意味に近いそれは、仮想空間での疑似生活としては外せない重要な要素です。

走っていかないとダメだった遠い街。
やられると怪我状態になってしまう。
などなど、不便さと一緒にそこにあった疑似生活を潰してしまったのです。

生活というコンセプトがそこにあってこそ、のぶおんの「和風」という特徴も生きてくるはずなんですよね。
このような内容。


似てるところがあってかなり刺激をもらったので
俺なりの信オンの改変案を考えてみる。



懐古厨っぽいけど
知人と話していて、昔のマゾいキャラ育成時代の話は結構話題に出る。

技能習得をしないうちにレベルを上げてしまうと使い物にならないキャラが出来上がってしまってキャラデリコースをたどる運命になった無印時代。
技能目録を一つ一つ、というより1マス1マス習得していく喜びがあった。
新しい技能を使えるようになる楽しみがあった。


今はほんと時間を掛けずすぐに高レベルになってしまう。
これはそれともこういうべきなのか。
今はほんと時間を掛けずすぐに高レベルになれる。
どっちの方が自分の感覚に合ってるか。
なってしまうという方がしっくりくる人はレベル上げが一瞬で終わることに直接的か間接的かわからないけど不満もしくは改善の余地を感じる人。
なれるという方がしっくりくる人はレベルが上がることは前提でその他の育成要素に目を向けてる人。


俺は前者。



後発が追いつきやすいようにするというのはオンラインゲームの超重要な命題なんだよね。
これが整備されてないゲームはまあ滅びる、早晩滅びる。
ヨーイドンのスタートダッシュ先行逃げ切り追いつく要素なしなんてゲーム半年もしたら誰も入ってこなくなって終わる。
だから
後発が追いつきやすいゲーム設計=レベルが上がってそのほかの成長要素で差をつける
という図式の意図は判る。

ただコレが今上手くいってるかっていうと、まあ全く上手くいってないよね。

新章だのバージョンアップだののたびに装備やら仕様やらを追加してきたので現役プレイヤーでも把握しきれないくらい成長要素や育成要素が多岐にわたってる。

レベルはすぐに最高位になれるのにそこがスタートラインですって言われても感覚的には判りづらすぎる。
取っ散らかりすぎててもう新規は訳判らないよね。

軍神もそうだし九十九もそうだし腰袋、指輪、覚醒。
レベルがあっさり上がる割に成長させるのかなり無理げーじゃねーの?って話で。


一言でいうとわかりにくい上にバランスが悪い。



レベルっていう指標をもっと強さと絡めた要素に戻すべきで
そのほかの散らかってしまった成長要素はどっかでコンパクトにたたむべき。
ただ、その際に今より弱くなるような改変は論外。
何も自分が悪くないのに自分のキャラが弱くなるっていうのはプレイヤー的に印象が最悪だから。


なので潜在能力のような形で存在自体を消していくしかないのじゃないかなと。
潜在能力はなくなったけど要素自体は隠しパラメータでMAX付与されてる。
弱くはなってないけど取っ散らかった成長要素は消えた。
この改変が多分理想。


成長要素については
1.項目を減らす
2.レベルという強さの指標を見直す
3.後発がある程度のところまでは追いつきやすい形、やりこみ要素は作る
4.弱くなる改変はNG


こんなところかな。


で、全体的な部分の調整なんだけど

・便利さは課金で売る。
・旧コンテンツの最新コンテンツ化
・名前問題の解決
・定期的な新規用スタート鯖の運用
・稼業、技能の抜本的な改革
・合戦はもうノーマル仕様はいじらない武将の強さ調整のみ


この辺りが必要かなと。
ちょっと詳細を書いていく。
・便利さは課金で売る。
これはソーシャルゲームの概念で一番受け入れられやすい部分。
信オンではコレが結構出来ていて
古くは共通蔵だったり蔵拡張、キャラ枠拡張
最近ではどこでも早馬なんかの便利オプションがこれに当たる。
もっといろいろ解禁していけばいい。
多垢も限界に近いし7垢以上は基本的には意味がないからユーザーの課金レートを上げていくしかないので
便利オプションはもっとバリエーション増やすべき。
例えば奥義のクールダウンリセット機能とかね。
プレイヤーアンケートでアイディアはいくらでも拾えると思う。

・旧コンテンツの最新コンテンツ化

昔から言われてることだけど、勿体ないよね。ただの雑魚化してる。
ただクエとの絡みがあるから今の難易度と、最新コンテンツ化した難易度とを選べるようにして新章が出るたびに順次調整を掛けていく。たとえば根の国(勇士の章バージョン)みたいな感じで。
バリエーションが増えれば攻略もしてみようってきにもなる。
やりたい人向けの要素にして、ドロップするアイテムもその章に絡んだものにしていけば行く意味も出てくる。

・名前問題の解決

新キャラ作ってまともな名前つけようとすると使われていますになってキャラが作れない。
結局ネタに走った名前しか付けれない。
愛着沸くわけないでしょ。
せめて決定する前に使われてる名前かどうか判断する機能くらいはつけてほしい。
名前つけるたびに決定してNG食らうのは正直きつい。
新規は結構挫折すると思う。

・定期的な新規用スタート鯖の運用

合併させる前提の鯖でいいから半年ごとに作った方がいい。
マンネリ化を防げるし。
既存プレイヤーもそこで新たな知人を作ることができるメリットが生まれる。
もう大して負荷もかからないだろうからそんなにキッチリした設備もいらないだろうし。

・稼業、技能の抜本的な改革
これは本当にやるべき。
習得という要素を無意味な仕様にしたのであればなおさら。
特に特化技能が複合技能化しすぎでわけわからない。
要らない技能(覚醒はとりあえず無視して。)が多すぎる。
稼業も覚醒で改変したつもりなんだろうけど全然ダメ、生産が死んでるってのはこの自由度の世界観では自殺行為。
要らないものを消していく改変を行わないと無意味な複雑化に歯止めがかからない。



・合戦はもうノーマル仕様はいじらない武将の強さ調整のみ

今の仕様に慣れ過ぎてるプレイヤーの感覚もある。
あとはもう光栄に新仕様を調整しきる開発力がないというのもある。

大決戦から始まった余分な合戦はすべてが不評だった。
改変しようとするのはもう光栄には無理だからおとなしく合戦は今の仕様を。
外交については改変していいと思うし謀略もまだまだ落ち着きそうにないから調整が必要だとは思うけどね。


一極が強くなるというのは勝ってる方に人が集まるという当たり前のことなので
ある意味仕方ないと個人的には思ってる。
で、ランダム国勢というのはまた全然問題が違って俺はこれには反対。
かといって強い国が勝てないなんてのは本末転倒で、意味がない。

外交は本当に難しいからずっと仕様を変えていかないといけないのかもね。




思うがままに書き散らしたけど長くなってしまったのでこの辺で一回終わり!
和風MMORPGというメリットについて書ききれなかった。
次回はこの辺について書きたい。



こうすべきだみたいなアイディアがあればコメントをぜひ下さい。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


リンク・引用などについて
リンクも閲覧も引用も紹介もご自由にどうぞ。
お知らせも無くてかまいません。
それでも知らせてくれるという方は、どの記事にでもいいので書いてくれたら見には行きます。

ブログ村PVランキング
ギャラリー
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
最新コメント
当ブログの趣旨と免責

当ブログの記載事項があっているとは限りません。
何らかの情報が乗せてあったとしても間違っている、仕様の変更後等が考えられます。

寄り合い所のような正確な情報の記載を目的としたブログではありませんので、誤った表記に対しての対応はするもしないも管理者の判断とします。

当ブログの記載事項は上記のように正確性の点でなんら保証できず、責任を負いかねるのでその情報をもとに何かをされる際はご自身の責任と判断のもとに行って下さい。

コメントの編集は管理者の一存によって行います。
現在コメントは承認制となっております。
よほど酷い暴言誹謗中傷など以外は基本的に承認します。
非公開希望の方はその旨記載して頂ければ公開いたしません。

特定の人物、一門、団体を誹謗中傷するような目的はございません。


私の主義を一言で言うと、
過疎過疎って言われてるけど世界(サーバー)は一つになったんだし皆仲良くやりましょうということです。

本事項は管理者の独断によって変更することがございます。
twitter#nobuon
著作権に関する表記

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
信長の野望Online・攻略ブログ
  • ライブドアブログ