知らんけど。信オンブログ

信長の野望Online(通称:信オン)のプレイ雑記。 数年間はなれていて復帰。まだ迷子なので整理もかねて。

著作物利用の改善について

前回著作物利用の改善については色々難しいという話を書いた。

音楽は無理だろうし、合戦のみのLIVE配信規制も難しい
じゃ今と何も変わらないのか。


装飾については解放しても良いのじゃないかなと思い至った。


TLで見てた限り誰も言及してないけど動画も画像も等しく名前を消す以外の加工は本来NG


ただどう見てもちょっとした文字だの画像加工だのがあった方がポジティブな結果になっている。
動画だと例えば字幕入れるとかも現状だとNGということになる。

これだと面白い動画は無理だよね。

俗にいうMAD系はまあ言うまでもなくほとんどがNGだ。

ただ面白い抜け道を長谷川ナーサさんが示していた。


その抜け道というのが別のBGMをぶち込むということ。


コエテクの利用規約上、『他社の著作権侵害に使用されてもOK』らしい。

まさしく自社の利益を守るという利用規約の基本的概念を踏襲していて素晴らしいのだがこれは上場企業としては割とリスキーな気がする。


これは動画に言えることなんだけど、音が全NGで他の音と組み合わせるのもNGだとしゃべり以外入れられないという事になってやっぱり動画界隈は死ぬよね。
困ったもんだ。



ということで加工については基本OK
ただし、18禁系や他者を侮辱、差別などの表現を入れるのはNG的な感じで解禁したらいいんじゃないかな。
困るのはネガティブキャンペーンに使われることだろうからね。


現状のままだと良いコンテンツ作ってる人が、コソコソしなきゃならないという残念なことになってしまってるから運営的にも美味しくないよね。




そういえば、意見募集して20日くらいかな?
この意見募集は募集しただけで終わるのかな?
期限のない仕事は仕事じゃないよ川又さん?
いつまでにどういう所を目指すのか、発表してくれたら大絶賛なんだけどな?
僕らユーザは遊びだけど、運営は仕事だから大変でもあるけど頑張ってほしいなあ。
基本的にプレイヤーは信オンが好きだから応援したいんで応援できるように下地作ってくれたらユーザも頑張るよ?



まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


FFみたいにネタになるなら良いんだけど

最近川又DがTwitterアカウントを作ってチョイチョイtweetしてる。

公式アカウントとは別に責任者が個人アカウントを開いたってのは結構大きな出来事だ。

公式アカウントだと小回り効かないし、企業としての体裁もあるから裁量与えられる企業じゃないと難しい。

これが個人アカウントだと流石に何でもかんでもは出来ないけどかなり変わってくる。
企業的に見ても、万が一やらかした場合切り捨てることもできるしね。


FFの吉田さんのように、ネタ化するようなところまで行くとユーザーからの親密感、距離感全てプラスに回る。


でも。


その吉田さんも確かTwitterアカウントは持っていない。
プロデューサーレターとかをだして個人名を全面に出してるけど個人の連絡口はない。


今回僕が思って居るのは、川又Dがアカウントを作り日和見さんのリプに対応してしまったことが悪しき前例になってしまったんじゃないかという事。


公式アカウントですらスルーされたと言って文句を言う人がいるのだから個人名のアカウントならリプがかえってきて当たり前とばかりに意見をぶっこむ人が増えてくるんじゃないか。


意見や質問をぶっこむところまではいい。


そのあとが問題だ。


無視された、スルーしたといった、反応のない事が当たり前なのに反応がないことに怒り始める人が増える気がする。
公式にスルーされるより個人名というのは誰に言ってるという感覚が強くなるから余計今後増えるんじゃ。


今は意見募集という形で投げかけた呼びかけに対してのリプだけで、それを拾ってるというリアクションが見えればOKだけど。


今後はサポートと勘違いした人が増えそう。
特に確認系が一番ヤバい。


これって利用規約的にどうなのとか、著作物利用に反してないとか、第三者が正義面、確認のふりして通報窓口のごとく使い始めることが予想できる。



この流れは進むと、かなり地獄絵図になる。



細かく対応したら二次創作系の信オン系ブログ、動画、配信界隈は死ぬ。


対応しなければ無視して良いんだ系勘違いが増える。
もしくは川又Dは規約違反を確認したのに対応しないという風評になるかもしれない。


警告を食らったり、対応されたことを逆恨みして他の違反を通報し始める人も出るかもしれない。


デススパイラルの完成である。



まあせっかく川又Dが前に出てきてくれてプレイヤーに近いところで運営をしてくれるというのだから、ユーザー側もあまりそれに乗っかり過ぎず、意見募集の提案とか程度にとどめて基本的にはサポート窓口を使うように心がけたほうがいい。





信オンは実在もしくは元になる創作を含んだデザインが相当多いからデザイン的な部分で細かい事は言えないだろうけど(鎧や立物系は実在のデザインがかなり多い)信オンのデザインですって言って作ったらイラストだってNGになりかねない利用規約があるし(ネットワーク利用規約)、文言の組み合わせでブログやなろうにアップされてる小説界隈も微妙。
二次創作系はどんな形であれ全部危機をはらんでいる。


これはOKなのっていう確認は著作権絡みなら運営側からしたら一応全部ダメっていうしかないから辞めた方が良いよ本当に。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


信オンのBGM含む音源配信について

著作物利用規約についての意見募集だからついでに書く。



音源利用についてだ。


合戦の配信と音源利用をごっちゃにして話してる人が多いけど、この二つは全く別の問題なので切り離して考えないとだめだ。


今回合戦配信者の鯖さんに警告がでたというのは本人のtweetで広まったから触れるけど
アレは音源利用は直接的な原因ではなく


・合戦配信が気に入らない層
・鯖さんが気に入らない層

どちらかがそれを理由に通報したからだと考えている。

理由は他の配信者に警告が出ているという話を一切見ないから。

たまたま鯖さんに利用規約違反の部分があったからそれで叩いただけだと言える。
恐らく言い切ってしまっても良いだろう。
僕も鯖さんも敵が多いので叩かれやすいという事だ。





では本題。

僕は正直に言ってJASRACK関連は知識がない、ほぼ素人だ。

利用規約や契約については弁護士とやりあいながら作ってきたことはある。

僕がこのブログで話してるこれ系の知識は大抵その時の経験から出ている。


ただ、今まで生きてきて音源系は別の人間に投げたりもしくはやらなくて良い環境だった。
だから本当に素人レベルで調べた程度だ。
なので


いつも以上に間違ってる可能性がある。
注意してほしい。



そのうえでも読んでくれるという方だけ先へ。
もしこの辺に詳しい方がいらっしゃればコメントなりTwitterなりでご指摘いただければ嬉しい。




まず、結果を書くと
今後信ONで音源が、少なくとも音楽が配信可能になる可能性は極めて少ないだろうという事。


何故なのか。
理由は川井さんの楽曲がJASRACKに登録されているから。
信オンのBGMがTVで流れてるのを聞いたことがある人は多いと思う。
あれは要するにTVの使用に際してJASRACKに料金が支払われているという事になる。
逆に言えば、他のゲームの楽曲を聞いたことが無いのはそういう仕組みがないからともいえる。

これに気づけたのは29さんのtweetのおかげなので理由と共に経緯を続けて書いていく。





まず調べたのはJASRACKにどういう状況で登録されているか。
これはデータベースで検索すればすぐわかる。

例として最終決戦(ボステーマ)を探してみる。
するとこういう結果になる。
どうやらリンクだと結果が出ないようです
これを見るとJASRACKも配信の権利を有してないということになる。



そして




書いてるうちに29さんのこんなtweetを見て調べてみた。
すると面白いことが判った。


FFの利用規約から引用する。
ファイナルファンタジーXIV公式サイト、公式フォーラム、および関連サイト内に掲載されているテキスト・情報・画像・動画(Answers/Dragonsong/Revolutions(アレンジ曲含む)が使用されているものは除く)
ここに書かれている3曲は動画配信に使ってはいけない曲なのだがこれもJASRACKに登録されていた。


そして十曲ほど調べてみたが
同じ作曲家の曲であっても禁止されていないBGMはJASRACKに登録されていなかった。


つまりJASRACKに登録されている楽曲は配信に使うには何らかのハードルがあると予想できる。


FFは配信に楽曲を使うのは自由なのにという意見を見かけたけど29さんの指摘で新しい事に気づくことが出来た。


他のゲームも調べてみた。

PSO2

ラグナロクオンライン



この辺は制限がない。

マビノギ、リネージュ2
この辺は不明だ。
配信系に触れた規約をすぐには発見できなかった。



軽く調べた限りなので全てがそうとは限らないけど、
配信制限がないゲームの楽曲はJASRACKに登録されていないか、登録されていても無信託状態だった。

無信託というのは例えばこのPSO2のBGMの様な状況だ。
リンクだとダメみたいなので自分で調べてください。


あとはコエテクと作詞作曲の川井さんとの契約次第だけど、恐らくJASRACK登録曲を配信OKに切り替えると予算が掛かるはず。
それをすべての音源について結びなおしを掛けたらどの程度の予算が掛かるんだろうか。

さらに、JASRACKに信託したまま配信可能にすると使用料が掛かる。
誰が払うのか?
コエテクか配信者しかいない。




実際は契約次第だしその契約内容を僕は当然知らないけど、今の信オンにそれだけの予算をとれと言うのはそこそこ厳しいのではないかなと思う。


安易に配信可能にすればいいというのは簡単だけど、そもそも15年前、ゲームの動画を配信されるなんてことを考えなかっただろう。
ちなみに
同じく長い歴史のある大航海時代オンラインも音源NG
一番新しい三国無双オンラインは音源OK
という利用規約になってる。



元々の設計と契約が尾を引いてるので安易にできるようにしろって文句を言ってもどうにもならないと思うよ。
まあ僕も配信に音があった方がそりゃいいに決まってるけど、大人の事情ってものがあるんじゃねーのかな。

なので今後も音がOKになる可能性は極めて低いだろう。

ちなみに江戸家さんがこんなtweetをしていた。
これは音が作れればという前提だけど確かに解決できる可能性がある。
ただ問題はCVの方の契約で声も変える必要もあるのかないのか。
他社の契約のことでわからなすぎるけど基本的には全とっかえなら可能か。
ただこれも予算が・・・。





そして川井音楽が無くなった信オンが信オンとして受け入れられるかどうか、結構音楽の力でかい作品な気もするんだよね。


まあ、知らんけど。

---------------------------------------------------------------------------
信長ブログランキングに参加してます↓
他の信オンブログも覗いてみませんか?
一日1ぽちお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



リンク・引用などについて
リンクも閲覧も引用も紹介もご自由にどうぞ。
お知らせも無くてかまいません。
それでも知らせてくれるという方は、どの記事にでもいいので書いてくれたら見には行きます。

ブログ村PVランキング
ギャラリー
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
  • 信オンMAD動画リスト(フラッシュ動画もあるよ)
最新コメント
当ブログの趣旨と免責

当ブログの記載事項があっているとは限りません。
何らかの情報が乗せてあったとしても間違っている、仕様の変更後等が考えられます。

寄り合い所のような正確な情報の記載を目的としたブログではありませんので、誤った表記に対しての対応はするもしないも管理者の判断とします。

当ブログの記載事項は上記のように正確性の点でなんら保証できず、責任を負いかねるのでその情報をもとに何かをされる際はご自身の責任と判断のもとに行って下さい。

コメントの編集は管理者の一存によって行います。
現在コメントは承認制となっております。
よほど酷い暴言誹謗中傷など以外は基本的に承認します。
非公開希望の方はその旨記載して頂ければ公開いたしません。

特定の人物、一門、団体を誹謗中傷するような目的はございません。


私の主義を一言で言うと、
過疎過疎って言われてるけど世界(サーバー)は一つになったんだし皆仲良くやりましょうということです。

本事項は管理者の独断によって変更することがございます。
twitter#nobuon
著作権に関する表記

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
  • ライブドアブログ